お知らせ

★2024年1月7日(日) 奈良大介と宮下昌也 新春笑福 ライブ&ライブペインティング @ハレノサラ

大地に響き、皆を躍らせる、日本屈指のジェンベ叩き奈良大介と、
命の理、宇宙を描き出す画家の宮下昌也が、新春の淡路島へ。

どんな音が、どんな絵が飛び出すか、本人たちにもわからない、
まさにライブ(生きてる!)なライブ&ライブペインティングで
2024年を愉快に、笑顔ではじめましょう。

新年早々、あなたと共に、至福の時間を過ごしたいのです。
子どもにも、大人にも、本物に出会った時にわきおこる、あの感じを体感してほしいのです。
ジェンベワークショップ、マルシェ、絵画展示もお楽しみに。

インスタ用 淡路島


★奈良大介と宮下昌也 新春笑福 ライブ&ペインティング★
◆とき  2024年1月7日(日)
◆ところ ハレノサラ(兵庫県淡路市木曽上324)
◆タイムスケジュール
 10時~11時  ジェンベワークショップ(初心者歓迎!)
 11時~    絵画展示・マルシェOPEN
 14時~    ライブ&ライブペインティング
 16時     CLOSE
◆参加費
  ●ジェンベワークショップ 1,000円
    ※ジェンベレンタル(要予約)500円
  ●絵画鑑賞、マルシェ 入場無料
  ●ライブ&ライブペインティング
    2,000円・中学生以下無料!
◆マルシェ出店 ハレノサラ★ヤマディカ
Aya shroom★and more・・・
◆問合せ・ジェンベレンタル予約
  森のようちえん まんまる awaji.manmaru@gmail.com
   FacebookのDM、インスタDM@awaji_manmaru にて受付

naramiyasita

【演者プロフィール】

■奈良 大介(なら だいすけ)

naraa

1994年より、アフリカの伝統打楽器ジンベを始める。

1996年~セネガル出身のマムドゥ・カンデ氏に師事。

1997年打楽器集団「PERC・A・HOLIC(パーカホリック)」を結成。

1999年、ギニア共和国へ単身渡航し、ラミンロペス氏に師事。

帰国後、奄美大嶋の唄者「朝崎郁恵」氏と活動を始める。ルーツレゲエバンド「YA-HOO BAND」に参加。東京ナンガデフ、MANDEN-FOLIなどのパーカッショングループで活動する。

JAH K.S.K & JOMORE STARS、やっほーバンド、PJアコースティックスタイル、サヨコオトナラ朝崎郁恵(奄美島唄)、マブリ、DOUNIYAH等で活動中。

太鼓を使ったパフォーマンスを中心に活動するほか、ジャンルにとらわれずに幅広く活躍中。

ギターや三線等も演奏しソロ活動も精力的に行っている日本を代表するジャンベプレーヤー。

全国で、ジェンベのワークショップも好評。

  奈良大介のofficial web-site http://www.naradaisuke.com/


■宮下 昌也(みやした まさや)

miyasita

20歳より展覧会で作品発表を始め、1988年東京藝大デザイン科卒業。

在学中よりアジアを旅する.

1990年 房総半島鴨川市の山中に移住。 国内外での展覧会、ライブペイン

ティングの他、絵本、壁画、ワークショップ、テキスタイルデザイン等、幅広く活動。
                

2008年、自らが暮らす里山において人と自然をアートでつなぐ里山整備活動「アートガーデン・コヅカ」がスタート。

2010年よりコヅカ・アートフェスティバルを主宰。 現在展覧会活動を中心に、描くことを通しジャンルを超えコミュニケーションを続けている。

                   
 宮下昌也 インスタグラム @
masaya_miyashita


Orizine? | 原点に立ち返るヒントが見つかるインタビューメディア の取材を受けました


先日、インタビュアーさん2名が、まんまる上河合BASEに来てくれて、 Orizine? | 原点に立ち返るヒントが見つかるインタビューメディアの取材を受けました。 お話をいただいた際に見せていただいた企画概要には、
「活動や仕事に対する思いや、その人の生き方、これからやりたいことをインタビューして、
国内外に新しい働き方や価値観の発信をしたり、他のおもしろい人たちをつないでいく」
とありました。

そして、その”おもしろい人”の定義が、またおもしろくて、
「悩みながらも、自分のプリミティブな欲求(=原始的:説明はできないけれど、
自分の感性や直感から湧き出している感情、思考)に従っている人」となっていました。

直感に従って動きたいと思いつつ、あれこれぐるぐる考えてしまう私を、
この”おもしろい人”として、見つけてくれたことが、うれしかったです。

自分の話に興味を持って耳を傾けてくれる人がいることがうれしくて、
た~くさんしゃべってしまったので、さぞや編集は大変だったことでしょう。

まずはインスタグラムでショート動画が公開になっています。
@awaji_interview

もう少ししたら、もう少し長いバージョンが、YouTubeで公開されるそうです!

2015年にまんまるを始めたばかりのころや、
生意氣だけど、モヤモヤぐずぐずしていた、青い時代には、
こんな言葉は出てこなかっただろうなぁという、「今のあじめの思うこと」。

どうぞ、お時間のある時に、ご笑覧ください★
他の”おもしろい人”のインタビューも、続々アップされていくそうなので、お楽しみに。

インタビュー






★11月10日、12月8日 森のおさんぽ会 開催

まだ”森のようちえん まんまる”の保育対象年齢に満たない小さいお子さんも
保護者の方と一緒に参加できる、「森のおさんぽ会 はなまる」。

肌寒くなっても、むしろ、肌寒くなったからこその宝物を見つけに行きましょう。
お弁当の時に寒ければ、焚き火を囲んで温まります。
この季節のお楽しみ、ミカンを持参して焼きミカンも最高です!

最年少参加記録は2か月!
抱っこ、おんぶでの参加も大歓迎です。

森での時間を子ども達とゆっくり楽しみたい、大人の方の参加も大歓迎です。
落ち葉を踏みしめ、森の冬支度を感じながら、
太陽に向かって思い切り葉を広げる木々のエネルギーを、体いっぱい浴びませんか?

日によって、または天氣によってだいぶ体感温度が違うので、
調節できる服装でお越しください。

11,12月はなまる


■ 森のおさんぽ会 はなまる ■  
子どもの発見に寄り添いながら、森をゆっくりおさんぽします。
のんびり一歩一歩、「今、ここ」にながれる時間を、丁寧に過ごしてみませんか?
野外経験が少なくても、保護者の方がちょいと虫が苦手でも、
森の案内人(森のようちえん まんまる代表 あじめ)がご一緒するので、安心です。
お弁当の後は、絵本の読み聞かせをしています。

◆2023年11月、12月の開催日 
      2023年 11月10日(金)、12月8日(金)

●参加対象 : 0歳~の幼児と保護者 、大人           

●集合 : 10時 森のようちえん まんまる上河合BASE駐車場
          ※淡路市上河合(ご予約の方に、詳細をお知らせします)
●解散 : 12時30分ごろ(昼食&絵本の読み聞かせの終わった頃)
●服装 : 長袖、長ズボン、帽子、歩きなれた靴(サンダル不可)
●持ち物  : お弁当、水筒、タオル、敷物、着替え(必要な方)、防寒着    

●参加費 : 親子1組1,500円       
        ※大人、2歳以上の子どもが1人増えるごとに300円増し       
        ※抱っこ、おんぶでの参加も歓迎します       
        ※大人のみの参加は、500円/人

●お問合せ・ご予約 :awaji.manmaru@gmail.com  
  ※Facebookやインスタグラム@awaji_manmaru のDMからも受け付けます          
            
①参加希望日 ②代表者氏名  ③参加人数と内訳(大人〇人、幼児〇人)
④参加されるお子様の年齢   ⑤当日つながる携帯電話番号  
⑥スタッフに知っておいてほしいこと など      をお知らせください

★11月23日(木・祝)まんまる見学&わかちあいの会 開催します

昨年度もご好評をいただきました、「まんまる見学&わかちあいの会」を
今年は11月23日(木・祝)に開催します!

日々の活動ブログや、写真展、講座や資料などでお伝えできることは、ほんのひとにぎり。
まんまるってどんな場なのか、どんなことが日々起こっているのか、
どんな風に子どもも大人も心を揺らして育ち合っているのか、ちょっとのぞきに来ませんか?
マニュアルのないまんまるでの日々は、同じ場を感じた人でないと共有できないことも多々。


子どもたちの遊びの世界へのインパクトを最小限にしたいので、少人数での開催ですが、
その分、わかちあいの時間では、たっぷりお話をしていただけると思います。
動かないと寒いので、焚き火を囲んでお話しましょう。
まんまる代表の佐藤明希(みんなには、あじめ と呼ばれています)がご一緒しますので、
ご質問もお氣軽にどうぞ。


まんまるの保育に興味のある方、森のようちえんに興味のある方、実践されている方、
保育関係者、まんまるの大人の在り方をご自分のこれからに生かしたい方など、
どなたでもお氣軽にお問い合わせください。

R231123見学会


森のようちえん まんまる 見学&わかちあいの会

日にち       2023年11月23日(木・祝) ※雨天決行 

タイムスケジュール(子ども達の様子、参加者の希望など状況によって変動あり)
         (わかちあいは、子ども達と離れた場所で行います)

          9時     集合・自己紹介・まんまる紹介
          10時~11時 まんまる見学①
          11時~12時 わかちあい① 質疑応答
          12時~13時 昼食
          13時~14時 まんまる見学②
          14時~16時 わかちあい② 質疑応答 まとめ

スタッフ      佐藤明希(森のようちえん まんまる代表・保育士)

参加費       一般:8,000円   兵庫県自然保育連盟会員:7,000円 
          学生:6,000円  (いずれも、昼食代込み)
               ※今回は、大人のみ対象(子ども同伴不可)です

定員        各回8名(先着順)

申込・問い合わせ  森のようちえん まんまる
           awaji.manmaru@@gmail.com  ※@を1つ消して以下を送信してください
           インスタ@awaji_manmaru や、FacebooKのDMでも受付ます
           事務局からの返信をもって、予約完了となります
          
          件名「見学&わかちあいの会 参加希望」

          ①参加者氏名(ふりがな)②市町村までの住所
          ③当日連絡の取れる携帯電話番号 ④参加の交通手段(自家用車・バス)
          ⑤参加動機や知りたいこと、見てみたいこと 
          ⑥食物アレルギー、その他、スタッフに知っておいてほしいこと
               

【応援団ありがとう】8周年祭でいただいた寄付金で、包丁を新調しました

先日、木本神社さんで開催させていただいた、まんまる8周年祭に、
お祝いにかけつけてくださったり、心を寄せてくださった皆さん、
改めて、ありがとうございました。

今後の活動資金にと、たくさんのドネーションを頂戴しましたので、
その一部を活用し、この度、子ども包丁を新調しました。

包丁ありがとう


初登場は、10月のお味噌汁の日。

毎年、10月~3月は、月に一回お味噌汁の日をしています。
米と野菜などを持ち寄り、薪で調理して、2月頃にみんなで仕込んだ味噌で味付け。

DSCN4553

「俺の切った玉ねぎ、おいしいよな~」とご満悦だったり、
「うますぎる!」とつぶやきながら、お代わりに向かう姿も。
ピカピカの子ども包丁の大活躍のおかげさまで、今回も、見事にご飯もお味噌汁もからっぽに。


DSCN4578



まんまるでは、決まったカリキュラムはありませんが、
卒園までに、”火”と”刃物”を使えるようになる環境を整えています。
火と刃物を扱えるって、それだけでアイディアが具現化できることが増えるし、
何より”人間”である証だと思うのです。

新しい子ども包丁のおかげさまで、またひとつ、まんまるっ子の世界が広がりました。
ご支援、ありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


【まんまる応援団についてのお申込みは、こちらから】

まんまるは、日常の保育に行政の支援、助成などを受けずに運営しています。
子ども達がありのままで、心身ともに健やかにいられる空間の継続運営のため、
力を貸していただけませんか?
応援資金は、スタッフ人件費、研修費および遊び場の安全確保のためのフィールド整備などに、
大切に使わせていただきます。
プレゼント応援団をご希望の方は、内容について必ずご相談ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

なお、応援団になっていただくほかにも、講演依頼、
自然体験イベントの出店や出張開催、コラボレーション企画などのご提案も、
まんまる活動資金応援につながりますので、ぜひご検討ください!

開催場所
淡路島の豊かな自然の中で、預かり保育をしています。
上河合BASE:淡路市上河合
生穂BASE :淡路市生穂
五色BASE :洲本市五色町

※いずれも私有地のため、見学希望の場合には、必ずお問合せください
ギャラリー
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm
  • ライブドアブログ