イベントレポート

自然と共にある、子育て・個育て ~知ろう、学ぼう、森のようちえん講座~ 開催しました

一番下は、明日で7か月!という赤ちゃんから、学生さん、お孫さんのいる方まで、
ちょうどよい人数の方々にお集まりいただき、
自然と共にある子育て・個育て ~知ろう!学ぼう!森のようちえん講座~を開催しました。

講師の野澤俊索さんのゆかいな自己紹介に続き、
「自分が体験したことないおもしろさは、伝えられない。
だから、まず大人がたくさん遊びましょう!」と素敵なメッセージで、講座が始まりました。

DSCN4114

午前中の部は、”森のようちえんってなぁに?”。

森のようちえん さんぽみちの子ども達の動画では、全身を使ってのびのび遊ぶ様子に、
参加者の皆さんのほほがゆるんだり、ぐっと引き込まれたり。

森のようちえんのはじまりから、その名称が生まれた背景、日本での森のようちえんの位置づけや
分類のお話からは、日本の森のようちえんの多様性を知ることができました。

「森のようちえんに通ったら、どうなりますか?」という質問に度々出会うという野澤さん。
その答えは、
「人間らしく生き生きと育っていきます」。

DSCN4117


大人が思っているより、子どものスケールは大きいということや、
自然の摂理や秩序を感じながら育っていく時間、「ま、いっか」の力の大切さもお話いただきました。

お話を聞いての感想や、質問タイムもとても活発に参加者同士の話が盛り上がりました。


午後は、実践編の”森のようちえんの保育と活動”
もう少し踏み込んで、場の作り方や、安全管理など、実際のエピソードを交えて話が進みます。

DSCN4121

森のようちえん活動には、マニュアルや、何をすればよいかという方法論ではなく、
どうやるか、どうあるかが大事。
子ども達を理想の型にはめて、そうなるようにするのではなく、
子ども達が本来持っている、備わっている力を発揮していく場をどうつくっていくかなのだと。

”待つ、見守る”という姿勢も、何も言わないというのではなく、
目に見える活動の中の、見えない心の動きを大事にしていくことだという言葉が印象的でした。

DSCN4119

お父さんの関わり方についてや、活動中の怪我が心配、急な体調不良への対応などへの質問も。
また、小学校へ進学した時の質問では、
「森のようちえんで育つのは、認知能力の土台となる、非認知能力。
数字で評価したり、テキストで学んだりできない、人間性の部分。
学ぶことへの興味感心が強いので、中学年以降の学びに差が出てくるという研究結果がある。」と
教えてもらいました。

また、森のようちえん活動を続けていく中で、野澤さんが感じていることは、
”思春期の恋の悩みと同じ!!”ではないかという話がとてもおもしろかったです。
相手のこと(子ども達)が好き、大切だと自分が思っていて、
それを伝えたいと思っているということが、
テクニックに勝る、とてもとても大事なことだと思うと。

最後に、「しなきゃ、なんて、ない」と言うメッセージとともに、
これからも、一緒に子ども達と楽しく森で遊びましょうとしめくくってくださいました。


子ども達をとりまく全ての大人達が、こんな風に接していたら、
みんなにとって心地よく、やさしい社会になっていくだろうなと、わくわくしました。


「ふわっと、森のようちえん いいなと思っていたことが、スッキリ整頓された感じ。」
「やぱり、森のようちえんの活動いいな~」とニコニコ参加者が帰路につかれていたのがうれしかったです。
ご参加、ありがとうございました。
私たちの学びのために、静かに遊んで待っていてくれた子ども達もありがとう。

DSCN4124




西アフリカ伝統泥染め BOGOLANワークショップ 開催しました

「うっわ~、かわいい~」

会場に入ったとたんに、サンプルを手に、歓声があがります。

素敵なアフリカンダンサーでもある、ちかりーぬを講師にお迎えし、
西アフリカ 伝統泥染め BOGOLANワークショップを開催しました。

DSCN2184

土、水、太陽、灰、鳥の羽や木の枝・・・
身の回りにあるものだけでできる=日々の暮らしの中から生まれた、BOGOLAN

ちかりーぬお手製のBOGOLANに描かれた地図や言葉、
そして実物の染料も見せてもらいながら、手順を教わりました。

DSCN2174

薬草茶としても飲むことができる植物で、事前に染めてくれていた生地に、
チョークで下絵を描いていくところからスタート。

DSCN2190


そして、まずは黒い泥から、生地にのせて染めていきます。

DSCN2191


しばらく、あーでもない、こーでもないと言っていたのに、
いつのまにかみんな、黙々と集中して手を動かしていました。

DSCN2192


子ども達の図案のダイナミックさ、大人の本氣の繊細さ・・・
個性豊かな線たちで、生地の上にゆかいな模様が次々生まれていきました。

今回は、2色の泥を使い、生地の色も含めたら、3色の作品づくり。
木の枝や羽の先の質感や太さの、微妙な違いで生まれる味のある線が、またよいのです。

DSCN2197


自分で体験してみると、ギニアで手に入れた、シーツくらいのサイズのBOGOLANを
染めあげるのにかかる途方もない手間に、くらくらしそうです。


後は、お家でしっかり乾かして、流水で洗って太陽で乾かしたら完成。
どんな作品が生まれるのか、とってもとっても楽しみです。

ご参加、ありがとうございました。
あ~、楽しかった。

森の呼吸法講座 ~入門編~ 開催しました

心配していたお天氣もなんとかもって、森の呼吸法講座 ~入門編~が開催できました。

雨で作業予定がずれこんだため、一部未整備のところのあるフィールドでしたが、
風で揺れる葉っぱの音、風がやんだ時の静寂、
やわらかい太陽の光、そして鳥の声が参加者を歓迎しました。

DSCN2135

洲本市中川原で、淡路サンアシュラムを主宰されている、Toshi先生をお迎えし、
当たり前すぎてないがしろにされているものNo1(Toshi先生談)の呼吸に向き合います。

DSCN2152

自分の呼吸を感じる時間から始まり、第一部は参加者が完全呼吸法をリクエスト。

「呼吸を扱う」=「生命エネルギーを扱う」 という言葉がじっくりと沁み込みます。

自分の肺の大きさを意識しながら、深い呼吸をすると、体がゆるんでくるのがわかります。

DSCN2150

DSCN2161

第二部は、こちらも参加者の希望により、
”美人呼吸法”とToshi先生が呼ぶ、幸せになる呼吸法。

DSCN2169

「お金や幸せについていくのではなく、自分が幸せになって歩いていれば、
お金も幸せも後からついてくる」 のだと、ヨガの経典にも書いてあるそうです。

DSCN2171

大地に寝転んで、ゆっくり呼吸をしていたら、
このフィールドに歓迎されいていること、地球に愛されていることがじんわり伝わって、
とっても心地よい時間でした。

DSCN2153


大人に、自分の呼吸と向き合う時間をくれた子ども達も、ありがとう。

ご参加、ありがとうございました。

明日からの、日々の変化が楽しみです。






開催しました!森の恵みを楽しむデイキャンプVol.3

森に着いた瞬間から、
「今日も、あの子来る?」と、仲間の出欠をまず確認して始まった、
3回目の森の恵みを楽しむデイキャンプ。

焚き火用の薪は、秘技「友情パワー」で短く!
前回は苦戦したけど、今回は2本のマッチだけでつきました。

DSCN0866

今日の味噌汁に入れるニンジンは、参加者の保護者でもある
淡路島YASAIBAさんから購入させていただきました。
走ってるニンジン、足を組んでいるニンジン、ジャンプしているニンジンなど、
おもしろい形のニンジンをリクエストしたら、とっても愉快なのが勢ぞろい。
クリスマス仕様に、星やモミの木、ハートに型抜きが楽しかったね。

DSCN0863

森の中のどんな枝や葉っぱが燃えやすいか、何度でも試してみながら調理。
カラフルな葉っぱや木の実を集めて、クリスマスリースをつくる子も。

DSCN0873

そして、今日も、走るはしる走るハシル!
鬼に捕まらないように、作戦を考えたり、森の中に息をひそめて隠れたり。
追いかけていても、二手になって逃げるところが、さすが小学生だな~と。

DSCN0877

手づくりのハンモックは、休憩場になったり、家になったり、ゲームのステージにも。
フユイチゴもおいしかったね。

DSCN0883

レタスやミカン、さつまいもも差し入れしていただいたので、
豪華なクリスマスランチになったのに、早々に食べ終わった子は、
「走れなくなっちゃうから、おかわりはやめとく!」ですって。

DSCN0888

全身を思い切りつかって遊びながら、初冬の森を楽しんでいました。
落ち葉のかけあいも、最高だったね。

DSCN0884

おやつにポップコーンも焚き火でつくったけれど、
本当に「あっ」という間になくなりました~。

DSCN0895

広場でも、おままごとをしたり、タイヤ飛びをしたり、
またまた鬼ごっこをしたり。

DSCN0896

片付け&帰りのアナウンスには、大きなブーイング!
「次はいつある?」「(今は3年生だから)4年生になってもある?」と、
たくさんリクエストをいただいたので、また企画したいと思います。
ご参加ありがとうございました。

DSCN0898

あ~、楽しかった、おいしかった、よく走った~。

五色子育てセンターの皆さんと焼き芋しました

毎年恒例になった、五色子育てセンターの皆さんの「焼き芋」。

11月とは思えない暑さ(!)の中、元氣な子ども達、お母さんたちが集まってくれました。


ドングリや、きれいな色の落ち葉を拾ったり、
ヤッホーテラスに登ってみたり、好奇心のアンテナがぐんぐん伸びてる様子がうれしかったです。

お母さんにも手伝ってもらいながら、初めてのマッチに挑戦してくれた子のおかげで、
焚き火は順調に燃え上がり、歓声があがります。

DSCN0680


息を吹きかけると勢いよく燃える様子、葉っぱの種類によってはパチパチ楽しい音がするのも
わくわくしながら、思い思いに楽しんでくれました。

まんまるっ子にはおなじみでも、なかなかできない、”焚き火での焼き芋”
「レンジだとめっちゃ早いけど、こんなに時間かけて焼くんですね~。」
と、ゆったりの焚き火時間を楽しんでくれました。

焚き火が燃え広がらないように、竹でつくった箒で落ち葉をどけてくれたり、
燃えそうな木や葉っぱを、たくさん集めて来てくれました。

DSCN0681


中には、「これ、切ってみたい!」とノコギリにも挑戦。
「やってみたいことは、言って見てね。きっと叶うから★」とお伝えしておきました。

森で焼き芋を食べることは今回はできなかったけれど、
この焚き火の香り、落ち葉の色、土に触った感触、鳥の声、焼き芋の味が、
みんなのこれからの、森と遊ぶきっかけになりますように。

DSCN0683


12月7日(月)の森のおさんぽ会 はなまる へ、早速お申込みいただいた方もいらして、
うれしかったです。
また遊ぼうね~。
開催場所
淡路島の豊かな自然の中で、預かり保育をしています。
上河合BASE:淡路市上河合
生穂BASE :淡路市生穂
五色BASE :洲本市五色町

※いずれも私有地のため、見学希望の場合には、必ずお問合せください
ギャラリー
  • 210922  ゆっくり考えよ
  • 210922  ゆっくり考えよ
  • 210922  ゆっくり考えよ
  • 210922  ゆっくり考えよ
  • 320921  広がる好奇心
  • 320921  広がる好奇心
  • 320921  広がる好奇心
  • 320921  広がる好奇心
  • 【応援団ありがとう】淡路島こゝちよ さんより、雨具を寄贈していただきました!