まんまるの日々をお伝えするウェブサイトに、保護者の声を載せよう!と、
そのコーナーをつくってから、初めての掲載は、「卒園児の声」になりました★

届け物を持ってきてくれた卒園児の保護者と話していたら、
「もう、まんまるっ子(卒園児)でも、氣持ちが文章にできるんじゃない?
保護者の声ももちろんだけれど、本人の声って、一番大切な氣がする。」と、
提案してくれたのです。

さっそくのオファーに応えてくれたのは、
提案してくれた家族とはまた別の、今年度5年生になる卒園児。
「普段は、まんまるのことはあまり覚えてないと言うこともあるけれど、
ちゃんと文章にできるもんだね。」と、お母さんも感心していました。

私も、たくさん心を揺らした日々を、その時の自分の氣持ちを俯瞰した文章に、
ぐっときてしまいました。
自分は、た~くさんケンカや小競り合いしたのに、「ケンカしないでね」と後輩へ伝えているのも、
なんだか笑っちゃう。
彼の中で、まんまるで過ごした日々が、これからもどんな風に血肉になっていくのか、
とっても楽しみです。

DSCN4548

P5022784 - コピー



_________________________________

【卒園児の声】小学5年生 男子
Q あなたにとって、まんまるってどんなところでしたか?

A 楽しくて、普通の学校では学べないことがたくさん学べるところ。
 例えば、人間関係がどんなものかを教えてくれる。
 あと、楽しい遊具(船)がある。
 船は下に潜れて、隠れてお弁当を食べたりとかできるので、めっちゃ楽しい。

Q まんまるで一番楽しかったのは、どんな時ですか?

A 友達と遊んでいる時。
 追いかけっこが1番!
 広いところをダッシュできて楽しく、気分転換に最適。

Q あれは大変だったな~、嫌だったな~、乗り越えるのが大変だったな~ということ、ありますか?

A 友達と遊べない時。
 例えば、好きな遊びが見つからないけど、自分から遊ぼうと誘えない、誘い方がわからない時。

Q 小学校で、ちょっとびっくりしたこと、大変だったことってありますか?

A みんな、授業でまとめたことの発表の仕方が上手で驚き!
 逆に自分はまとめることが苦手。
 あと、人の気持ちを察するのが苦手なので、道徳が苦手。

Q 今いるorこれからまんまるに入る子たちに、何かメッセージをお願いします

A まんまるは、自然と触れ合えるのが魅力。
 あと、みんなとケンカなく過ごしましょう、ということかな!


協力してくれて、ありがとう★
また一緒に遊ぼうね~。

今後も、卒園児、卒園児ファミリー、在園児ファミリーの声も順次掲載予定ですので、
どうぞお楽しみに。