ま:「もう、やめてよ。入って来ないでよ。」

 

午前中に、ま~くんといっちゃん、はーちゃんの3人で作ったお家。

午後からは留守にしていることが多く、こっそりと家に入ろうとするやっくんとけーくん。

そして、見張りをしているおーくん。

どうやら3人は、盗人になっているらしい。

 

け:「これな、ま~くんの携帯やねん。」

逃げながらも、なぜか盗んだことをアピールするけーくん。

 

自分の携帯(積み木)をとられたと分かると、盗人たちを追いかけるま~くん。

 

ま:「こら、待ちなさい!まったくもう。ふん!!」

なんとか携帯を取り返したと思いきや、その隙にやっくんが再び家の中に侵入しているのを見つける。

 

ま:「あー!こら~。」

  「ここは、ま~くんがいっちゃんとはーちゃんと作った家だよ!」

 

少しま~くんの苛立ちが積もり始めた時、

 

や:「ワタシハ ジゾウデス。」

  「ココヲ マモッテイマス。」

 

さっきまでは盗人だったのに、あくまでも地蔵になりきって話し出すやっくん。

 

ま:「え!?地蔵がいる。」

  「ここを守ってくれているの??」

 

や:「ソウデス。ジゾウデスカラ。」

 

2人のやりとりをみて、すっと地蔵になるけーくん。

 

お:「よしっ!じゃあ、みんなでこの家を守るんだ!!」

や:「あっ、あっちに。シンニュウシャ、ハッケン!」

け;「キミハ シンニュウシャデスカ?シンニュウシャデスネ。」

 

あっという間に一致団結して、新たな侵入者を防ぐお地蔵さまたち。

 

だれかのひと言で、ころっと展開していく遊び。変わる関係性に、その場の雰囲氣。

不思議だけど、おもしろく、軽くもなるし重くもなる、ひと言。

ひと言の力って、すごいんだな。


P1070643 b

P1070644

P1070647

P1070648

はじめて、フィールドでしたお味噌づくり。

みんなの手の平からの想い(!)もたくさん味噌玉に込めて。

おいしいお味噌となりますように★

IMG_1050

IMG_0838

IMG_1049

保育者:いそ