「せ~の!」

フィールドの小山の上に、細い竹が、覆いかぶさっていた。
小山の上で遊ぶのに、ちょっと邪魔かなと思っていたら、
まんまるっ子の手にかかれば、これも遊び道具に。

竹に人数分のロープを結び付け、それぞれにロープを持ちながら、
ロープを持って小山を駆け下りて、一斉に手を離す。

「せ~の!」

「ぎゃははは~」

「せ~の!!」

「ぎゃっはっは~」


手を離した時に、竹がびよ~んともとに戻るのがおもしろくって、
何度やっても笑い転げる。

手を離した瞬間に、笑いながら竹が引っ張っていったロープを取りに、
何度も何度も、小山を駆け上がる。



「こっちも、ひっぱったらいいんじゃないか?」

と、4人のうちの1人が山の反対側に竹を引っ張ったら面白いかなと思ってやってみたら、
竹が思うように動かなくなっただけで、あまり面白くなかった。

これも、やってみたからこそ、体感したこと。


単純に見える遊びの中にも、たくさんの工夫と、アイディアがつまっていた。

竹とロープだけで、ここまで遊びこめるって、実はすごいことだと思う。

DSCN8863

DSCN8864

DSCN8897

DSCN8877