「今日は、水がいっぱいあって、うれしいね。」

日曜日の雨がおままごとスペースにある器ややかん、鍋にたまっているのを見つけ、
嬉々として始まる、どろんこお料理。

「あ、これを飾るのもいいね。」

あっちゃんが風でたくさん落ちていた、未熟なサクランボの実を持ってくる。

「これも!」

は~ちゃんが握りしめていたのは、最近急に伸び出した、笹の新芽。
春は、デコレーションの彩りも豊か。


「うわっ、濡れちゃった・・・」

ちょっと多めの水を入れて、トロトロをつくっていたよっくんの手が濡れる。

「あ、これで拭けばいいや。」

と、近くにあった、濡れていない木製の鍋蓋に、手の水分を擦り付ける!


しばらく遊んで、また手が拭きたくなったら・・・

「お、これでも拭ける!」

手にしていたのは、平べったくした、乾いた土の塊!!

「これは、また使うから、ここに置いておこう。」


お料理をしていた机の近くに置いた、よっくんの結論・・・

「なんでも大丈夫なんだな。」


またひとつ、まんまるっ子は生きのびる力をつけていく。


DSCN7253


DSCN7262


DSCN7252


DSCN7257
↑ 今日は、こ~んなに大きなタケノコ(通称、竹の王!と命名★)も採れました!
たくさんの、森の恵みに感謝。