「もう!どうしてここに、置くのよ!!」

お家づくりを続けていたみっちゃんが、プリプリ怒る。

みっちゃんはお家の壁にしたかった場所に、お料理をしていたとっくんが、
フライパンを火にかける(という設定)ために、置いたのだった。


と:「だって!お料理してるんだよ!」

み:「そんなことしている場合じゃないんだよ!!」


みっちゃんがフライパンをどけようとしたら、その横から、
一緒にお家をつくっていたはーちゃんが、進み出る。

「とっくんの氣持ちはわかるんだけれど、今は壁をつくりたいの。
だから、ちょっとどけて待っててくれる?」


声を荒げずに、とっくんの氣持ちを汲み取り、自分の氣持ちを説明する。

すると、まだ不満げだけど、とっくんが自分でフライパンをどかした。


はーちゃんは、みっちゃんに小声で、
「ね、こんな風に言えば、わかってくれるんだよ。
とっくん、小さいけど怒ったら怖いんだよ。噛んだりするんだから。」
と、忠告している。

神妙に頷くみっちゃんが、その後、声を荒げることはなかった。


伝わる言い方って、あるよね。
まんまるっ子から学ぶことの、なんと多いことか。

DSCN6485

DSCN6475

DSCN6480

DSCN6487