「水、取ってくるわー!」

と、走っていったあっくんは、こぼさないように大事にそろりそろりと帰ってきた。


「ねぇねぇ、お水、ちょっとちょうだい。」

あっくんが大切に持って帰ってきた水を、隣で土でお料理をしていた子たちがねだる。


「ちょっとならいいよ。」

お玉で少しすくって分けてあげる。

「私にも、お水ちょうだい。」

「僕のがなくなっちゃうから、ちょっとだよ。」

そういいながらも、欲しいと言った子の入れ物に、順番に水を分けてあげる。


「もう少し、くれたらいいんだけどな~」

のリクエストが続くと、

「僕のが、もうなくなっちゃうから、やだよ。」


そしたら、
「もっと水を汲んできてくれたら、(おうちごっこに)いれてあげるのに。」


この条件付けの感じ・・・なんかやだなぁとザラっとしながら見守っていると、

「僕の使う分がなくなっちゃうから、やだ。」と、もう一度、キッパリ。


それでも、
「じゃあ、半分にするから、半分は使っていいよ。」と、もう1つ器を持ってきて、
自分の器から水を半分わけてくれる。


すると、「ありがとう!」と水をもらった子が、

「あじめにも、トロトロわけてあげる!」と、土しか入ってなかったあじめの器に、
もらった水を混ぜて作ったトロトロを、あっさり分けてくれる。



条件じゃなく、自分の氣持ちに正直に、でも仲間の氣持ちも大切に・・・。

ひとりが勇氣を出すと、その氣持ちが循環していくんだなぁ。

DSCN5747

DSCN5750

DSCN5746

DSCN5753