「すごいね~、あの竹、めっちゃ動いてるね・・・。」

朝の会の時から、今日はすごい風。
竹林整備の甲斐もあり、フィールドの竹は大きく揺れていた。


「あ、見て!すごいよ!」

竹の葉がすれる音をBGMに遊びながら、ふとした瞬間に
自分たちの周りをとりかこむ竹の様子に、しばし見とれて、手が止まる。


「屋根の下に(逃げて)いたほうが、いいかな~」
「あの竹が折れたら、(遊んでいる)この場所まで届いちゃうかもね」


イロイロ考えていると、いつもよりも、竹が大きく感じるから、不思議。


お弁当を食べながらも、文字通り、開いた口がふさがらない瞬間も。


「竹が、めっちゃ動いてるね~」

「竹が、踊ってるみたいだね~」

「竹が、泳いでるみたいだね~」

それぞれの表現をしては、顔を見合わせ、笑い合う。


秋の空を、こんな風に一緒に見上げる時間が、至福の時。

DSCN5246

DSCN5249

DSCN5242