「こうしたら、お家になるんじゃない?」

「ここに、水筒かけができたよ!」

「洗濯物は、ここにかけたらいいね~。」

竹と立木を使って、お家づくりが盛り上がる。


「ここに、もうひとつ(もう一枝)あればいいね~。」とのひっちゃんのリクエスト。


「よっしゃ、俺、切るわ。」

張り切ってノコギリで切りだす、き~くん。


でも、自分が思っていたスピードでは切れなかったみたい。

「遅くなって、ごめんな。」と言いながら、切り進む。


すると、
「そんなことは、ごめんじゃないよ。」と、ひっちゃん。


切り終えてみると、またまた思っていた長さではなかったみたい・・・。


「ごめん、間違えちゃったかも。」と、ちょっとしょんぼりなき~くん。


すると、
「間違えちゃってもいいんだよ。ダメだったら、また切ればいいし。」
と、サラッと答える、ひっちゃん。


「そっか、ありがと。」

葉っぱのいっぱいついた竹を引っ張りながら、き~くんの顔の角度があがる。

何度も挑戦できる機会をくれる、豊な森と、器の広い仲間がうれしい。

DSCN5015

DSCN4999

DSCN4998

↑ ご近所の方から、90年は使っているかも!という、
勉強机(文机ですな・・・)をいただき、おままごとがいっそう楽しくなりました。
ありがとうございました。


DSCN4996