「わ、泡が出て来てるで!」

「わ、こっちもやで!」

焚き火にくべた、竹の端っこから、白い泡ぶくが出てきたのを発見した、やっくんとあっくん。

「わ、こっちは、煙突にもなってんで!」

他の竹からは、泡ではなく、煙が出てて、なるほど、煙突みたい。


しばらく燃やしていたら、端っこにあった竹が、ごろんと転がった!

「え、触ってないのに!?」
「う、動いた!?」

思わず、顔を見合わせる、2人。


「え、誰?」「もしかして、幽霊!?」

朝の会で読んだ絵本に出てきた、幽霊かも!と盛り上がる。

「そうだよね、幽霊は、足音もしないからわからないしね。」

「この煙が、幽霊かもしれないねー。」


この後は、煙と戦ってみたり、煙の中をダッシュで通り過ぎてみたり、
しばらく幽霊(?)と遊んでいた。


絵本の世界と、行ったり来たりできる想像力。
なんだかよくわからないことを、なんだかよくわからないままにしておく感じも素敵だな~。

DSCN4210


DSCN4193

DSCN4199

DSCN4204