「お花を摘みに行こう!」と歩いていった先の切り株で始まった、まーくんのケーキ屋さん。

あ:「おススメのケーキは、ありますか?」と聞くと、

ま:「ブルーベリーです。」


あ:「じゃ、ブルーベリーケーキを3つください。」

ま:「売り切れで~す。」

!!


あ:「じゃあ、バナナケーキはありますか?」

ま:「ありませ~ん。きゅうりケーキは、ありま~す。」


あ:「じゃ、きゅうりケーキを3つください。」

ま:「はい、そこにあるので、自分で取って下さい。

   食べてください。
   食べたら、この穴に入れてください。」


食べ終わったケーキ(葉っぱ!)を、切り株の穴にぎゅうぎゅう詰める。

ま:「山盛りになったね。今度は、誰が食べにくるかな~。」


いろんな形の、いろんな種類の葉っぱがあるから、何種類ものケーキができる。
自分で採る方式が、なんとも斬新!

そして、次のお客さんへと、うれしいおいしい循環が巡っていく。
遊び方の決まっていない森の恵みで、遊びがどんどん広がっていく。

DSCN4173

DSCN4186

DSCN4187

DSCN4189