「ちょっと、こっちに行ってみようよ!」

竹林を抜けて、いつものルートで池に行くのかと思ったら、
ちょっと違う道に行ってみたくなった、やっくん。


「ここ、行ける!」

木の根や竹をうまくつかみながら、斜面をすいすい横切る。
斜面での、バランス感覚に感心する。


「待ってよ~、動かないでよ~」

少し距離があいて、不安になったすっくんのSOSに、立ち止まる。


「ここ、むずかしいよ~。どうやって行くの?」

足がすくむ、すっくんに、


「大丈夫だ。やっくんみたいに、こうやってドンドンって行けば!」

その場で、足踏みをして見せる、やっくん。


地面をぐっと足で踏みしめたら、滑らないよというアドバイス。


「え~。どうやるの~?」

怖さが勝って、なかなか足を踏み出せない、すっくん。


「こうだよ!こうだよ!」

なかば、跳ねるように、大地を踏み鳴らす、やっくん。


勇氣を出して、渡ってきたすっくんは、

「やったな、僕、できたな。」


まんまるっ子達は、小さな足で大地を踏みしめ、今日も逞しく遊んでいます。

DSCN4065

DSCN4073

DSCN4081

DSCN4075