「あそこに見えるね。」

「まだ、もうちょい緑かな~。」

首を痛くなるほど曲げながら、ヤマモモの樹上を見上げる、あ~ちゃんとかっちゃん。


あ:「風が吹いたら、落ちてくるかな~」

か:「たくさん揺れたら、落ちてくるかもね。」


あ:「あそこまで、ジャンプしたらいいかな。」

か:「あじめちゃんが、ジャンプしたら採れる?」

さすがに無理だと答えると・・・



あ:「風が吹いてきて、空を飛べたら、いいんじゃない?」

か:「空を飛んで、採ってきたら、たくさん食べられるね~。」

あ:「ね~」


ヤマモモをたくさん食べる様子を思い浮かべたのか、うっとりと木を見上げる2人。

きっと、2人の想像の世界では、空を飛んでいたんだろうな~。


DSCN4017

フィールドを貸してくれているご家族から、赤紫蘇をたくさんいただいたので、
薪でお湯を沸かし、紫蘇ジュースをつくりました★

DSCN4025

DSCN4043

竹のストローは、マドラーも兼ねていて、便利でおいしかったね~。
いっくんが持ってきてくれたブルーベリーとの、夢のコラボも最高でした★

DSCN4051