「うお~、あった~。」

長いタケノコを探す冒険が、成果なしのまま続いていたら、
目の前に、4m越えの、もう若竹に近い、タケノコ!


「ふんぬ~。ぐぐぐぐ~。」


直径5センチくらいなのに、いっくんの渾身の力をこめても、折れない。


「くそ~、木も一緒にやってくれてるのにな~。」


実は、原因の1つは、竹の真ん中くらいから上が、木に引っかかってるのだけれど、
いっくんには、それが木も反対から押してくれているように見えていた。


「○▽◆△※●~。」

傍らのこ~くんは、不思議な呪文のような言葉を叫んでいる。


「は~、ダメだ~。こ~くん、頼む!」といっくん。
「じゃ、交代だ!今度は、いっくんが頑張れっていう人ね。」

そうか、こ~くんはいっくんにエールを送る役目だったのか・・・。


こ~くんも、体がぶるぶる震えるくらい、力をこめたけど、びくともしない。


「くっそ~、ダメか~」
「じゃ、今度は、3人でダブルパンチだ!あじめちゃん、手を貸してくれ!」


ボタン1つでなんでもできる現代で、渾身の力をこめる機会って、
実は貴重かもしれない。
そして、1人でできなきゃ、仲間を呼べばいい。
そんな体験を、たくさんたくさんしてほしいと思う。

DSCN3610

DSCN3590

DSCN3594

DSCN3595