あ:「でもさ、あ~ちゃんが先に使ってたんだよ。」

い:「ずっとじゃないよ、さっきは、使ってなかったよ。」


船の上のおうちごっこで使っていた、木の椅子をめぐって、
静かに意見を言い合う、あ~ちゃんといっちゃん。

手が出ることはないのだけれど、どちらも椅子の一部を持ったまま、
自分の方にしっかり引っ張りながら、氣持ちを言い合う。


あ:「ここに、もってきたのは、あ~ちゃんだよ。」

い:「使いたいのは、いっちゃんだよ。」

あ:「今使ってなくても、使いたいあ~ちゃんの氣持ちも聞いてよ。」


どちらもそれぞれの理由があり、同じくらい使いたい氣持ちが行ったり来たり。


あ:「でもさ、どっちが使うかわからないのに、触ってるのはやめよう。」

あ~ちゃんの提案で、椅子はいったんどちらも触らない場所に置いておくことになった。
冷静になろうという提案なのかもしれない。


しばらくやりとりがあったのち、

「お話は、終わったよ~」と、笑顔で駆けてくる二人。

「どうすることになったの~?」と聞いてみると、

「別の場所に行くことにしたの!ね~、行こ!」と、にっこり。


たくさん、たくさん氣持ちを聴き合ったら、
前より距離が縮まって、仲良くなった感じ。


人間は、言葉を使えるんだよね。
爆弾じゃなく、暴力じゃなく、話し合いを!大人の皆さん、見習お!

DSCN3434

DSCN3441

DSCN3437

DSCN3443