ひ:「やっぱり、船の上で食べない?」

こ:「え~、前も船で食べたじゃん、今日はここ(山の上)がいいよ!」

あ:「でも、ここだとお弁当落としちゃったときに(土だから)汚れちゃうよ。」

こ:「え”~、ここがいいよ~。」

3人で食べようって約束したのに、お弁当を食べる場所をめぐり、意見がわかれてしまった。


あ:「じゃあ、こっちゃんはここで食べて、ひ=ちゃんとあ~ちゃんは、
  船の上で食べるってのは、どう?」


まさかの分裂案が飛び出した・・・。


こ:「じゃあ、あげたやつ、返して。」

あ:「・・・わかった。」

しぶしぶヘビイチゴを取り出して、手渡す、あ~ちゃん。


すると、お弁当袋が転げてしまい、「おっとっと~」っと笑っちゃった、あ~ちゃん。

一緒になって、ひ=ちゃんも笑い、つられてこっちゃんも笑う。


こ:「笑ったから(!)、やっぱりこれ、あげる。」

さっきのヘビイチゴは、やっぱりあげることにしたみたい。


意外な展開に、ちょっとびっくりしたあ~ちゃん。

あ:「やっぱり、みんなで船の上で食べる?」


もう一度、こっちゃんに聞いてみる。

こ:「いいよ!船で食べよう。」


一緒に笑ったら、やっぱり一緒が楽しいってことになったのかもしれない。
あんなに反対していたのに、あっさり3人は船へ。


「おいしいね~」
「今日は、楽しい日だね~」

結果がどっちに転んでもいいことで、
たくさんたくさん互いの意見を言い合う経験をしてほしいなと思う。

いつも、おいしいお弁当を、ありがとう。

DSCN3379

DSCN3384

DSCN3385

DSCN3390