「ここに植えよう!」

今日は、たわわに実ったサクランボをみんなでむしゃむしゃ。

高いところについている実ばかりで、採るのにはと~っても苦労した。

だから、種を植える場所を思いついた。


「ここなら、ここ(コンポストトイレの階段)があるから、簡単だね。」

「こっちでも、この木(登りやすい低いところに枝が広がっている木)
 があるから、取りやすいね。」


このサクランボの木の物語は、こんなに小さい種から始まっていることを、知っている。
その成長を想像することができる。

実はこれってすごいことなんじゃないかなと、思ったりする。


どうやったら、自分の背の3倍くらい高い場所にある実が採れるか・・・、
2個しか採れなかったサクランボを、「食べたい~」の大合唱の中でどうするか・・・、
先に目をつけていた実がなかなか採れなくて、
他の子が苦労しながらも採り、どちらが食べるか・・・


今日は、サクランボにたくさんの学びをもらった1日でした。


DSCN3173

DSCN3163

DSCN3175

DSCN3178