いつもより大き目な水たまりの前にしゃがみ込む、とっくん。

「ここはね~、森なんだよ。」

隣の水たまりから水路を枝で掘り、水の流れをつくっている。


「ねぇ、あじめちゃん、森ごっこしよう。」

「いいよ~」

OKをしてみたものの、森ごっこって何だろう。
私は、何役をしたらいいのだろう。

とっくんの物語がどう展開するか待ってみても、設定は謎のまま。



相変わらず水をのぞき込み、今度は、かき混ぜた水がぐるぐる回るのを指さして、

「ここはね~、動物園なんだよ。ぐるぐる動物園。」


傍らのお~くんは、色んな葉っぱの船をそっと浮かべて楽しんでいる。


「雨だよ!雨が降ってきたよ~!」


スプーンで水を跳ね上げて、今度は森に雨が降る。


「こっちには、橋をつくろうっと。」

は~ちゃんとひっちゃん、らっちゃんが枝や竹を持ってくる。


それぞれに展開する遊びの広がりに、ただただ感心するばかり。
想像の世界は、無限なのである。

DSCN3093

DSCN3096

DSCN3101