2022年07月

20220719  キノコ いろいろ

「焼いてみようか」

「こっちに新しいキノコがあったよ。」

「こっちのは、旗(軸の部分をこう呼んでいた)が白い!」

雨が降ったりやんだりの今日は、森に色々なキノコが顔を出していた。

みんなの顔より大きいもの、裏側がスポンジ状のものや軸の太さや傘の様子もイロイロ。


「見て!新しいキノコを発見したよ!」の声に行ってみると、
傘がとれて軸だけになっているキノコだったことも・・・。


「こっちは、ピンクだねー」
「これは、中が黄色いね。」
「こっちの方が、色が薄い感じがするな。」

「わ、焼いたら、膨らまないで、しぼんだね。」
「なんか、じゅわじゅわ言ってる!」

キノコをただ集めるだけじゃなく、切ってみたり、つついてみたり、焼いてみたり。
同じ種類のキノコでも、1つとして同じものがないからおもしろい。

まんまるっこそれぞれに、キノコのお氣に入りポイントが違うのも、おもしろい。


「今、7個だけど、100個見つけたいな~。」というあ~ちゃん。
「どうして?」と聞いたら、
「そしたら、みんな持って帰れるじゃん。7個じゃ足りないよ。」


きれいなもの、素敵なものは、すぐにみんなとわかちあいたいと思う、その氣持ち。
1人のワクワクが、こうやって場全体に広がっていく。

DSCN8289

DSCN8298

DSCN8291

↓ 9月3日に影絵公演に来て下さる、hoshifuneのお2人が、まんまるに遊びに来てくれました!
 さっきまで普通の人(!)だったはずが、
 いつのまにか物語の星から来たおじぃとおばぁになっていて、
 みんなびっくりするやら、怪しむやら、怖がるやら・・・。
 その正体は、9月3日にわかるのか?わからないのか?
 イベント詳細は、まもなくお知らせしますので、どうぞお楽しみに!

DSCN8305





2022.7.14 どっちも正論

まんまるでは大縄跳びが流行っています。

短いロープを子供達が結んで、結べない子は教えてもらったり練習したりして長いロープを作ります。

結び目いっぱいのロープ。解けないように結び目の先を長くしたり、ロープが長くなるように結び目の先が短かったり工夫いっぱいです。

誰かが跳んでいる間、まわしている人の横にずらっと順番待ちの列ができます。
跳び終わったら列の最後へ。
でも列が長いと、待つのに飽きて待ってる間違う遊びをして自分の前の子が跳び終わると帰って来る子がいます。

列に並んで待ってたみっちゃんが さあ私の番だ とロープのところに行くと、他の遊びをしながら待ってたゆーくんが戻ってきて
「ぼくのばんやで!」
びっくりしたみっちゃん
「え!なんでよ!みっちゃんのばんやで!!」

「はーちゃんのあとはぼくやったで!」

「なんでよ!!はーちゃんのあとにならんでたんは私やで!」

「違うで!!ぼくやで!!」

「違うでー!ならんでなかったらなしやで!!」

「なんでよ!!ぼくやで!!」(半泣き)

お互い自分の主張は絶対に間違ってない!!
割り込まないで!!という感じ。

どっちも割り込もうとしてるんじゃなくて、順番の考え方が違うだけだと伝えるとみっちゃんが「次からは並んでなあかんてことな!」としぶしぶ譲ってくれて

「わかった」とゆーくん


少しの間平和に縄跳びが続いて、今度はみっちゃんが一瞬列から離れ友達と話して戻って来ると他の子が並んでる!!
みっちゃん激怒!!
「そこ私の番やで!!」

え?!さっき……?!え??

それさっき決めたやんて言うと
また激怒w
竹投げつけられました♡

719953AD-A6FF-4070-A3A7-64A8B0B9C9F5

85012EF8-861B-47F7-B1AA-D1BC98F3C002

FA8DED29-BCB2-4124-ABA5-09406CEBEF4D

AFF3680E-196B-4D92-81C0-21151BE7B9C8

C7536BD0-5F39-4655-8FE9-1FFDDFC35677

B6006B53-DFEB-4C2A-9802-35F16799063A

B0B085F7-8A48-4833-A5FF-B6B257C31958

20220713 相手の気持ちと自分の気持ち

「カブトムシのメスおったー!!」


下の森に降りたときに嬉しそうにカブトムシを見つけたおーくん。
残念ながらもう亡くなっていたカブトムシだったが、虫がだいすきなおーくんはとっても嬉しそうな様子。


そこへ一緒に降りてきたよーくんが来てシュパッとカブトムシをさらっていき、
「上に登ろう!!!」
と提案してきた。


最初にカブトムシを見つけて拾おうとしたおーくんは
「それぼくが先に見つけたやつ。。。!」
とよーくんに伝えた。


だが、カブトムシを持って逃げようとするよーくん。
「それは先におーくんが見つけて拾うと思ってたやつじゃない?ゆうかも見てたけど…」
と伝えると、


よ:「じゃぁ近くまで取りにこいよ!!!近くまで来ないと渡さない!!」

お:戸惑いながら近づく。


渡す様子がないよーくんに思わず、
「おーくん近くに来たけど…」
と伝えた。


すると、カブトムシは渡してくれたがそっぽを向いて離れたところへ行ってしまった。


少し拗ねてしまったよーくんに
「おーくんが先に見つけたのをゆうかも見ていたから、何も言わずにカブトムシを連れて行ったよーくんに、おーくん悲しいんじゃないかなってゆうかは思ったけど、よーくんもカブトムシが欲しかったならそれをおーくんに伝えてみたらどうかな?
よーくんの気持ちも我慢せずに大事にしてほしいなって思うよ」
と伝えてみた。


黙ったままのよーくん。
それからすぐにカブトムシはおーくんがもう森に返すと言って置いていったので、そのあとよーくんが嬉しそうに拾っていた。


相手の気持ちを分かってほしくてゆうかの想いをよーくんに伝えたけど、よーくんが自分の気持ちを言えなかったのはなんでだったんだろう。


相手と自分の気持ち、どちらも大切にするってとっても素敵なことだけど、気持ちはことばにしなきゃ伝わらない。
簡単なようでとってもむずかしいことなんだなぁ。


2C5B1CB5-139B-4113-BE54-BA633B450542


C1746CDC-5037-46FC-9E5B-9E6743C74434


C15CF4E6-2A24-4B11-980C-9603250A6788


F41BD48E-E421-4C92-82A4-6A00A3584949


BE94959B-32CE-4B9B-A842-E3416D2F4D7F


C372C5A8-42C0-49D7-AFF1-74411D2522FF


426EEFA0-462B-4CEF-9133-4E2AECD9C70D





2022.07.12 水たまりの中には何がある?

「うわ、ふかっ!!」

 

いろんな水たまりに入る中、一か所、長靴から水が入るかどうかギリギリの深さの水たまりを発見!

 

「え、どうしたん?」

「ここ、足入れてみ!」

「うわ、ふかっ!!なんじゃこりゃ~!」

近くにいた子どもも、集まってきた。

 

しばらくすると「何でここだけ深いんやろ?」と首をかしげるけーくん。

 

「え~、なんかいるんじゃない?」
「え!!」

 

「虫がいるんじゃない?バッタかな~」と虫が好きなおーくん。

「アリの家があるのかもよ」と近くにいるアリを見て話すけーくん。

「海とつながってるんやで。」と釣り竿(草)を持つよーくん。

「誰かの口があるのかも」とソワソワするいっちゃん。

「掃除機で吸い取っているんじゃない?」とあーちゃん。

「私がいるんやでー」と水面に映る自分を見て、はーちゃん。

 

「ならさ、水出してみる?」とけーくんの一言で、水たまりの水をすくってみることに。

 

 

せっせ、せっせと水をすくい、後少しで水たまりの底が見えそうになった時、


「もどしてみよ~」とすくった水を戻すあーちゃん、らっちゃん。

「いいな、それ!」と今度はみんなで水を戻すことに。

 

水を戻し切ると、またまた「(水の中に)何があるんかな~」と話す子どもたち。

 

その後も、何度も水をすくい、底が見えそうになると水をもどすを繰り返していた。

 

 

水たまりの中の世界、それはきっと一人ひとりの心の中で広がっているんじゃないかな。


IMG_3132

IMG_0059

IMG_0069

IMG_3129

IMG_0064




七月七日

今年の七夕はお願い事より飾り作りにみんな夢中!
飾りはいっぱいやけど願い事はちらほら。

そんな時、年中の女の子が「字書くの手伝って〜」
待ってましたーーー!!はい喜んでーーー!!!
わくわくしながら「なんて書くのー?」って聞いたら「し・あ・わ・せ・に・な・れ・ま・す・よ・う・に!」

え!!なんかもっとこうピンポイントなん来ると思ってたけど結構ざっくりしてる!
…けど、これって人類の目指すところやなー。
幸せやったらその他の事なんて些細な事やもん。
私の 家がもらえますように なんてほんとに些細な事!
でも、そう言えば自分も子供の頃全く同じ願い事書いてなーって思いだしたら、どんな気持ちで七夕を迎えてたかまで思いだせて、なんだか新鮮な気持ちで七夕に挑めました

願い事何個書いてもいいんやでって言ったら目を輝かせる子。
スタッフに手紙を書き出す子。
ひたすら飾りを作る子。
妹の健康を願う子。
願いが叶いやすくなるマークを教えてくれる子。

暑かったけどいつも通り元気いっぱい汗だくだくで遊びました!

それぞれの願い事が叶いますように。
08E52B8E-3F91-49B0-8661-BDA859F27D53
E38FAB94-086F-47AC-8622-D67CDEC2D804
E2160235-91D6-419A-A2DB-30D62F57BA8B
DCE13ECC-7AB5-4B1E-B38C-FC58C0D1041E

開催場所
淡路島の豊かな自然の中で、預かり保育をしています。
上河合BASE:淡路市上河合
生穂BASE :淡路市生穂
五色BASE :洲本市五色町

※いずれも私有地のため、見学希望の場合には、必ずお問合せください
ギャラリー
  • 220930  くりかえし くりかえし
  • 220930  くりかえし くりかえし
  • 220930  くりかえし くりかえし
  • 220930  くりかえし くりかえし
  • 220928  トカゲ少年
  • 220928  トカゲ少年
  • 220928  トカゲ少年
  • 220928  トカゲ少年
  • 220922  森のネイルやさん
  • ライブドアブログ