【上河合BASE】
★入園児(預かりは満3歳になる月から)募集中
★親子参加(2歳半~)受付中

ご不明な点は、awaji.manmaru@gmail.comまで、お問合せください。
インスタグラム@awaji_manmaruのDMでも受け付けます。

【参加者募集中】
★まんまるプレーパーク@生穂BASE
  4月21日(日)、5月3日(金・祝)、5月19日(日)、6月23日(日)、7月7日(日)

★島の食卓~淡路島オーガニックマーケット~
  ※子どもコーナーとして出店
  ●@ei-to(旧江井小学校)2024年2月11日(日)、3月10日(日)、4月7日(日)、5月12日(日)
  ●@菜音ファーム
   7月28日(日:ナイト)、8月25日(日:ナイト)
  ●@淡路ふれあい公園(サンライズ淡路)
   10月13日(日)、11月10日(日)、12月8日(日)

240620 森の恵み

春のサクランボから始まり、野イチゴ、ヤマモモと

今年度も季節の移ろいと共に変化する自然の実りを

日々堪能しているまんまるっ子たち。

 

四季折々の自然の恵みを味わえるこのフィールドは

とても豊かだなぁと感じている。

 

そんな中、通称『竹水』を得るため、

昨日、折った竹にビニール袋をセットし、今日の保育日を迎えた。

 

昨日からワクワクしていたもっくん。

「今日は、竹水を飲む!」と朝の会で発表してくれた。

 

いざ、竹水を採りに竹林の斜面を颯爽と降りる。

次々と仲間たちも到着し、セットしたビニールを見ると、

たくさんの水が溜まっている。

 

「わ~♪すごいたくさん!!」

「早く飲みたいな~♡」

「私が(採取した竹水を)ペットボトルにいれたーい!!」

「僕が上まで持っていく!!」

みんなのワクワクの期待値もどんどんあがってくる。

 

お昼ご飯が終わり、一息ついたところで、

「竹水飲もー!」の掛け声と共に、みんなが集まってきた。

 

コップに入れて、いよいよ口にする瞬間がやってきた★

「う~ん、おいしい♡」

「……もういらん。」

「おかわりある?」

「……味わからん。」

優しい味の竹水だったので、反応も様々でした。

 

お店やインターネットで、ほとんどの物がいつでも手に入るこの時代に、

季節ならではものを見つけて、自分で採取する経験ができること、

 

化学調味料や添加物の味に溢れるこの時代に、

自然本来の味を口にする(食べる)経験ができること、

 

とても貴重で、これこそ生きる力を育んでいるんだな~と感じる今日この頃です。

 

そんな森の恵みを「お父ちゃんとお母ちゃんにもあげるんだ~」と

ヤマモモをたくさん拾って入れた袋を大事そうにもっているきーちゃんの氣持ちも

豊かだなぁ~優しいなぁ~と、心がほっこりします。

 

森の恵みに感謝をして、次の季節の恵みを楽しみに過ごそうね。

 

今日も楽しい一日をありがとう♡

 

保育者:かおりん


RIMG4761_0


RIMG4763_0

RIMG4767_0

RIMG4769_0

RIMG4817

RIMG4773_0

RIMG4787_0

RIMG4781_0

RIMG4772_0

RIMG4821_0

IMG_0838

image0

240619  一本のロープ

さ:「私が先に、使ってたんだよ~」

ま:「でも、今は使ってなかったじゃん!」

さ:「カエルを捕まえに行くのために、ちょっと置いておいたの!!」

地面に落ちていた(置いてあった)ロープをめぐり、氣持ちがすれ違う2人。

さ:「じゃあ、何に使いたいか、言ってよ!
   さっちゃんは、これ(ロープ3本で編んで帽子につけた三つ編み)につけて、
   長くしたいの!」

ま:「ま~くんは、こっちのブランコ(浮き球)とあっちのブランコを結びたいの!」


自分の主張を繰り返し、ヒートアップしてきたので、交通整理に入る。

2人の用途が違うこと、どちらもこのロープじゃなきゃいやなことまではお互い確認した。

あ:「そうか~、でもこのロープは1本しかないね。
   どうする?」

ま:「わからない」

さ:「わからない」

あ:「わからないか~、困ったね~。」


様子を見ていたもっくんが、「違うロープを探したらいいんじゃない?」と
提案したけれど、どちらもそれはイヤ。

ま:「わかった!
   こっち(ロープの1つの端)をブランコに結んで、
   もういっこ(別の端)をさっちゃんに結んだらいいんじゃない?」

まーくんが、2人のアイディアをミックスした、なんとも斬新なアイディアを提案する。

さ:「そしたら、ブランコがあっちに行ったら、私が転んじゃうじゃんか!」

さっちゃんに真っ当な反論をされて、落ち込むま~くん・・・。


どちらかが泣いたり、プイっとどっかに行ったりすることでうやむやになることもあるのに、
今回は、そのあとも、いくつかのアイディアと「それはイヤ!」が繰り返される。


しばらくやり取りが続いた後、急にま~くんが握りしめていたロープを
さっちゃんに無言で渡した。


さ:「え? いいの?」

拍子抜けしたように、驚くさっちゃん。
頷いて走り去る、ま~くん。

何が正解か、どこが落としどころなのか、
もっと話した方がよかったのか、わからない。

でも、自分で決めたことならば、その決定を尊重したいと思う。


保育者:あじめ

DSCN6815

DSCN6818

DSCN6820

DSCN6832







240618  かえる

朝の会で、みんなで絵本『かえるのつなひき』(さくらともこ作・せべ まさゆき絵/PHP研究所)を読み、“まんまるいけ”のカエルたちが登場したものだから、綱引きの応援には、熱が入るまんまるっこ。

 

朝の会が終わって、ロープを手にしたまーくん。

 

ま:「綱引きしようよ!!」

 

こうして始まったまんまるっこの綱引き。

はじめは11だったけど、後から後から増えてきて。

思いきり引っぱっては、踏ん張り。仲間だったはずが、急に相手チームに入ったり。

どこまで引っ張ったら、だれとだれがチームなんてルールはなく、ただただ引っ張り合う。

 

そのただただ引っ張り合うのがおもしろおかしくて、大笑いした少しあと。

 

り:「あ!なんだこれ?」

  「カエルだ!!」

 

フィールドにできた水たまりの中で、カエルを発見!!

 

も:「えっ、どこ?!」

さ:「さっちゃんもみたい!」

り:「りっくんが捕まえる!!」

 

みんなで必死にカエルを捕まえようとするも、カエルの動きが軽やかで速いこと。

 

も:「えっ、どこにいった?」

り:「あ!これカエル・・・じゃなかった。」

ま:「ん?!カエル・・・?木じゃないか!」

さ:「あっ、おった!!」

  「・・・あれ?どこや?」

は:「水の中にはいった!」

り:「え、いないで?」

 

いつの間にか、カエルの後を追うまんまるっこたちも、逃げるカエルと同じくピョンピョン跳ねる。

 

なんとかみんなで一緒に捕まえると、今度は、カエルの家づくり。

 

り:「水と葉っぱが好きなんやと思うで。」

も:「じゃあ、ここ(タライ)に入れたら?お水いっぱいあるで。」

さ;「入れてみよう」

 

カエルの顔が隠れてしまうと、

も:「ちょっとお水が多すぎるんじゃない?」

り:「沈んじゃいそうやで。」

ま:「じゃあさ、みんなで協力して、お水を減らしたらいいんじゃない?」

も:「おお!そうしよう!」

 

水の量はどうか、葉っぱがあると顔を出しやすいかもなどと話しながら家をつくるこどもたち。

 

はじめは別々のところにいた2匹のカエルに、こどもたちだったけど、いつしか1カ所に集まっていた。

 

み:「ねえねえ、これ(枝払いした笹)全部集めたらさ、七夕になるんじゃない?」

  「カエルの家に、七夕してあげたいな。」

 

少し早い七夕も迎えたカエルたち。

 

終わりの会で読んだ絵本にも少しカエルが登場して、一日カエルと過ごした日だったな。

 

生き物との関わりは、力加減や持ち方などで傷つけてしまったり、命を奪ってしまったりすることもあるから、ドキドキしてしまう。からだの大きさは違えど、“生きている”ということを大切に、一緒に過ごしていけたらいいな。

お腹のこが、無事に孵化しますように★

 

P1080150

P1080152

P1080154

P1080148

P1080153 b

P1080157

P1080151

image0

IMG_1049


IMG_0838


いそ

たき火カフェ開催しました【7月は毎週水曜日開催】

昔から、芸事を習い始めるのに、6歳の6月6日がよいといういわれがあるそうですが、
今年の6月6日は、今年度初めての、たき火カフェをしてみました。

お兄ちゃんがまんまるっ子だった、2歳の弟君がお友達といとこを誘ってきてくれたり、
以前から氣になっていて、一度来てみたかった~という親子さんも。

そして、まんまるに今の上河合BASEの場所をご紹介いただいた方も、
「ただ、あじめちゃんとまんまるっ子に会いに行きたい!」とご参加いただきました。

IMG_1096


まんまるの通常の預かり保育の隣での開催というスタイルは初めてだったので、
どうなるかなと思ったけれど、まんまるっ子のいつもの様子も見てもらえました。

IMG_1100


小さい子たちがフィールドを横切っても、マイペースで遊ぶまんまるっ子たち。
同じ竹の滑り台で遊ぶ場面もあったけれど、登りやすいルートを教えてあげたり、
するすると登れる姿をちょっと自慢氣(!)に披露していたり、対応もそれぞれ。

IMG_1103


久しぶりにまんまるっ子の様子を見たお母さんは、
「そうそう、これこれ。
 この一見何もないようなところで、遊びこめるのが、まんまるだよね~」と。

「こんなところ(急斜面)、親ではドキドキして連れてこれないけど、
 けっこういけちゃうもんなんですねー」との驚きの声も。

IMG_1108



まんまるっ子たちが作っておいてくれたみそ汁、
卒園児の保護者がブレンドしてくれた野草茶に舌鼓を打ちながら、
子育てする上での氣になっていること、体験談などをわかちあう時間も至福でした。

IMG_1111

IMG_1114


ご参加ありがとうございました。
次回は、6月20日(木)です。
7月は毎週水曜日(3日、10日、17日、24日、31日)に開催です★
ご予約、お待ちしています。

たき火カフェ 7月

___________________________________

【まんまる たき火カフェ】
●日時 6月20日(木)     7月 3日、10日、17日、24日、31日(いずれも水曜日)
     10時30分~12時30分

●参加対象
 ・0歳からの幼児とその保護者
 ・まんまるに興味のある大人
   (中学生以上から1人参加OK)

●参加費
 1500円/大人1人

●持ち物
 ・おにぎりやお弁当(お味噌汁をふるまいます)
 ・水筒
 ・お味噌汁用お椀、マイカップ
 ・レジャーシートかアウトドアチェア
 その他、必要と思われるもの(子どもの着替えなど)

●服装
  長袖、長ズボン、帽子、歩きなれた運動靴
   ※ケガ、虫刺され防止のため、大人も子どももご協力ください

●ご予約、お問い合わせ

awaji.manmaru@gmail.com
まんまるインスタ DM
まんまるfacebook DM

上記のどれかに、以下を送信してください。
事務局からの返信をもって、ご予約確定とさせていただきます

①参加希望日 ②代表者氏名
③参加するお子様の年齢 
④市町村までの住所
⑤当日つながる携帯電話番号
⑥あじめに聞いてみたいこと、知っておいてほしいこと(アレルギーなど)

きっと、その時に必要な人数がお集まりいただけると信じていますので、おひとりから催行します★
フィールドは私有地ですので、ご予約いただいた方に、詳細な場所をお伝えします。

ブルーベリーヒル淡路&AKGfarm

ブルーベリーヒル淡路のブルーベリー狩りに招待していただきました!
いろんな種類を食べ比べして、この木が美味しい!ここいっぱいなってる!ぷにぷにしてるのが美味しい!これが一番大きい!と楽しみながらお腹いっぱい食べました!
ああ幸せ。

ブルーベリー狩りのあとはみんなで歩いてAKGfarmにお邪魔させていただきました!
いつもと違う遊具で遊んだり、畑に植わってる物の話をしたり、道路を歩いてる人に挨拶したり、おままごとに使う植物もいつもと違う材料を見つけたり、新鮮な一日でした(^^)

隣の山の向こうからシュッと突き出た白くて黒くなったり長くなったり短くなったりする物を発見!!
不思議で不思議であれはなんやと考えているとみっくんが「山のうしろにカラスとあひるがいるんちゃう?」やって♡
でかめやね(^^)
実は風力発電の羽が見えたり隠れたりしてました♪

ブルーベリーヒル淡路さん、AKGfarmさん、素敵な一日をありがとーーー♡

こころ

RIMG4726
RIMG4737
RIMG4735
RIMG4733
RIMG4744
RIMG4752
RIMG4751
RIMG4758
RIMG4759
RIMG4753
IMG_1049
IMG_0838


開催場所
淡路島の豊かな自然の中で、預かり保育をしています。
上河合BASE:淡路市上河合
生穂BASE :淡路市生穂
五色BASE :洲本市五色町

※いずれも私有地のため、見学希望の場合には、必ずお問合せください
ギャラリー
  • ハリポタごっこ
  • ハリポタごっこ
  • ハリポタごっこ
  • ハリポタごっこ
  • ハリポタごっこ
  • ハリポタごっこ
  • ハリポタごっこ
  • 240717  セミの応援団
  • 240717  セミの応援団
  • ライブドアブログ