「えぇっ、これ切るの!?」

思わず口に出そうになった言葉を、
先にあ~くんがあっくんに言ったので、飲み込んだ。


今日は、工作に使えそうな竹が新しく整備しているフィールドから
大量に届いたので、みんな竹を切っていたのに、あっくんが対峙していたのは、
直径15センチほどの木。

「こんな、太いの切るの?」

再び問いかけるあ~くんに、あっくんがひとこと。


「好きにしたら、ええねん。」

「ここがな、ハンマーになんねん。」と、なぜこの木を切るのかの説明も。


それでも納得しきれずにいるあ~くんに、再度、
「切りたいのをな、切ったらええねん。」


そして、しばらく格闘したあと、氣が変わったのか、手強すぎたのか、

「やっぱ、これ、やめる。」

そして、また、確認するように、

「好きにしたら、ええねん。」と、言いながら、ノコギリを片付けに行った。


自分の氣持ちの機微に、氣がつけるようになりたい。
何がしたいかは、いつも、自分の心に聞いたらいい。


DSCN1755


DSCN1759



DSCN1774

DSCN1769