「うおぉぉ、見て!やった!3個!」

冬休みで1週間空いたら、今日の森にはいろんなお宝が落ちている。

その形ゆえ、「剣の実」と名付けられたフジの鞘も、たくさん。


山盛り拾い集めたら、やっぱり種を出したくなる。

さっきまで鬼滅の刃の無人列車だったところは、種集め工場に変身。


最初は鞘をボキっと折って、種を出していたけれど、
他の鞘をナイフのように使えば、鞘を折ることなく、
きれいなままで種が採れるように。


少~し口の開いた鞘に、別のとがった鞘の先差し込む。
真剣な目は、職人の目そのもの。


「ぬ~、固い!」

「こうやっても、できるで!」

ミズナラの樹皮のギザギザに、鞘をこすりつける方法を見つけた、け~くん。


「くっそ~、大変だったのに、1個だった!」

鞘の状態ではいくつ種が入っているか、虫食いか、なかなかわからない。

でも、明らかに鞘を割るスピードはあがっている。


必要は、発明の母。

2021年も、たくさんおもしろいことを発明していこうね。

DSCN1219

DSCN1209

DSCN1226

DSCN1202