「次は、何色~?」

「白!」

「あ、あったあった、ほら。」

鬼は追いかけたりせずに、次々と色を指定して、
それをみんなが見つけて盛り上がる、最近のまんまるの色鬼。

みんなが、自分の歯を指さすから、

「ここもね、グラグラしてるねん。」
「俺はもう、ここも大人の歯やで。」と、大人の歯自慢もしてる。


「次は、何色?」

「う~ん、緑」

カッパの緑や、葉っぱをタッチすればいいから、緑はすぐ見つかる。


森の中の色鬼は、森の色彩が冬でもとっても豊かであることに、氣づかせてくれる。


「次は~、透明!」

「透明は、いっぱいあるよ、ほら、こうすればいいんだよ。」

と、自分の目の前に手をかざし、透明の空氣に触る。


「透明は、走れるよ~。」


手を前にしたまま、いきなり走り出す、みんな。

「走れる~」
「走れる、走れる~。」


目に見えないものだって、あることをしっている、まんまるっ子。

彩り豊かな森の中で、2020年最後のまんまるも楽しく遊びました。

本当に色々あった、2020年を経て、まんまるっ子が、世界が、
心穏やかに2021年を迎えられますように。
サンタさん、よろしくお願いします★

DSCN1165

DSCN1178

DSCN1179

DSCN1190

DSCN1198