「ケーキ焼きたいから、火、つけよう!」

ケーキ屋さん達のご要望に応えて、マッチを頑張って擦ったこっくん。

昨日、竹を採ってきたところだったので、今日は竹の葉っぱの部分がたくさん。
それを燃やしながら、
「は~、なんかお茶の匂いがするよ。」

なるほど、香ばしい、笹茶の香り。


しばらくすると、
「この木、めっちゃいい匂いがする!」と、あっくんが興奮氣味に、
削った小枝を持ってきた。

こちらも、なるほどスッとする香り。


焚き火に薪をくべながら、時々火吹き竹で空気を送ってやる。


「大変だ~」「もう時間がない!!」
サンダーバードごっこの皆さんは、風のように森中を走って行き来している。


そんなにぎやかな森の中・・・

「今日は、楽しいねぇ」


それぞれの時間の流れが保障される、森の中。
おじいちゃんみたいな穏やかさで、こっくんがほほ笑む。


DSCN0740


DSCN0752


DSCN0736


DSCN0756