「もう、ひ~くんのバカ!大嫌い!」

1本のロープをめぐる取り合いに、いっくんの目から涙がこぼれ、
ヤッホーテラスで一緒に遊んでいた仲間たちの手も止まる。


それぞれの想いを聞いてから、
「ひ~くんは、ロープが全部使いたいんだね。
 いっくんは、このロープが使いたいんだね。」と交通整理。

「どっちも、ロープが使いたいんだね、どうしたらいいだろうか」と問うと、

「もう一本のロープを探して来たら、いいんじゃないか?」とこ=くん。

「家にも、一本あるよ、持ってこようか?」とも。


「ちょっとずつ(順番に)使ったらいいんじゃない?」とあ~ちゃん。


いくつか案が出ても、2人が納得するものはなかなかない。


いっくんは、「ジャンケンして、勝った人から使うならいいと思う」と提案してみるけど、
「やだ。全部必要なんだよ!」とひ~くん。


最終的には、「わかったよ!じゃ!この1本だけ、使っていいよ!」と
ひ~くんが、自分のベルトループにつけていたロープを投げる。

「でも、僕は(いっくんとは遊ばず)こ=くんと遊ぶからな!!」

ぷりぷりしてヤッホーテラスから降りる。


「じゃ、釣りごっこしよう、こ=くん。」と、遊びが始まると、
「僕も」と、いっくんも混ざっている!

「じゃ、ロープ貸して。」と釣り竿に違うロープを結んでいたひ~くんが言うと、


「はい、いいよ。」

さっきあんなにすったもんだして手に入れたロープ。
一緒に遊ぶことになったら、びっくりするほどあっさり手放していた。


子ども達の世界は、予測がつかなくて、
予想を超えてきて、ホントにすごい。

DSCN0200

DSCN0202

kakou

↑この間から、コツコツつくってきた、”ネズコの籠”。
とうとう、人間が乗ることができた~!

DSCN0216

↑今年度の卒園式のお赤飯、来年度の入園式の餅つき用のもち米、
あめつち農園さんのご協力で、今年も無事に収穫できました~。