たくさんの落ち葉とドングリが歓迎する森に、元気な小学生たちが集まってくれました。

DSCN0018


ノコギリやナイフを使って、箸や拾った宝物をいれる器をつくったり、
着火剤になる杉の葉っぱをたくさん拾ったのに、なかなか火熾しに苦戦したり・・・。

DSCN0020

「もう一度採ってくる!」と駆け出して行ったと思ったら、
「こんなに採れた~」と折れていた枝ごとズルズル引きずってくるうれしいサプライズも。

名前なし


ヘビが逃げて行ったという先にあった穴に、”特製ヘビヘビ棒”を入れて見て、
「この棒が動いたら、ヘビがいるってことや!!」と、息をひそめて見つめて見たり、
自分より何倍も大きな枝をみんなでひっぱったり、転がしたりて運んだのも面白かったな~。
運ぶのが楽しくて、何に使うわけでもなかったのだけれど・・・。
思いっきり力を入れて引っ張る、押す、持ち上げるって、
現代の日常生活では意外と少ない動きだからこそ、あんなに楽しかったのかもしれません。

DSCN0029

DSCN0017


紫芋と紫玉ねぎをたっぷり入れた、ハロウィン特製味噌汁は、
こんにゃくや油揚げまで紫に染まり、狙いどおり(!)の不気味さ・・・。
最初は用心して少ししかよそらなかった子もいたけれど、一口食べたら
「お、意外とおいしいな、これ」とお代わりしてくれて、うれしかったな。
「味噌ご飯もうまい!」と、まんまる特製手作り味噌の味も楽しんでくれました。

DSCN0040

DSCN0031


たくさん食べて元氣がさらにモリモリになったら、鬼ごっこで森中を走り回る!
上手に鬼から隠れて、ちゃっかり昼寝をする強者もいましたよ。
鬼から隠れながらも、葉っぱ集めを楽しみ、思い出したように様子を伺ったり、
自分の興味のある遊びがそこここで展開する様子が、面白かったです。
まんまるの卒園児が在園時より何倍も速く走る姿も、とってもカッコよかったな~。

DSCN0046


ロープをつなげて大繩をつくり、世界記録(!)にチャレンジしたり、
虫を捕まえたり、たくさんの種類のキノコも見つけました。
ターザンロープやぐるぐる回るブランコに酔って(!)フラフラにもなりました。

DSCN0048

初対面の子もたくさんいたのに、いつの間にか名前を呼び合い、笑い転げる姿が素敵でした。
次に転ぶために立ち上がる・・・という表現がしっくりくるくらい、
ずっこけながら遊ぶから、もう立ってるだけで笑いがこみあげてくるのです。

DSCN0050


思い切り体を動かして、たくさんのアイディアを出し合って、
いつも遊んでいる仲間ではないから、微妙に違うルールや掛け声を擦り合わせ、
たっぷり遊んだ仲間たち。
帰りの会の絵本の読み聞かせでは、ぐぐっと互いの距離が近づいていました。

次回は11月1日(日)です。
また遊びましょ★