「抱っこして~」

木からぶら下がった、浮きのブランコは、ゆ~くんにはちょっと高い。
手を伸ばして、紐につかまるのがやっとで、とても浮きに乗るのは無理そう。

「もうちょっとだよ、頑張って。」と声をかける。


「ここまで来たら、いいよ。」

こっちゃんが、アドバイスして、斜面の少し上に登り、お手本を見せてくれる。

そもそも身長が違うから、なかなかアドバイス通りにできないけど、何度も繰り返すゆ~くん。


しばらくすると、他の遊びをしていたふっくんとき~くんが、
「この木を使えばいいんだよ。」と、1mぐらいの高さに切ってあった細い切り株を
上手に階段にして、なんと浮きの上にのって、ブランコ遊びを楽しむ。

圧倒されてながめていたゆ~くんだけど、まず切り株に乗るのに、足の長さが足りない・・・。


2人が去って行ったあと、じっと浮きを見つめ、
自分ができる精一杯、”紐をつかんでぶらさがる”に挑戦する。

手が滑ってずり落ちる・・・を繰り返した後、ついに両手でしっかり持ってぶら下がれた!


年上の仲間たちが示してくれたお手本とは違うけど、
自分なりの達成感にあふれ、なんともいい顔でした。


DSCN9855

DSCN9870

DSCN9867

DSCN9864