「ねぇ、ねぇ、どっちがいい?」

差し出された、き~くんの両の手には、何ものってない。


「触ってみて~。」

どうやら、手のひらを触って欲しいみたい。
子どもの意図が見えない時、大人の目線やとらえ方と違うことも多いので、
不用意に「○○だね~」などの感想を言わないようにしているので、

「なになに?」とだけ、聞いてみる。

き:「ほらね、どっちがいい?」

あ:「触った感じってこと?」

き:「そうそう」

右手は、なんとなくしっとり。
左手は、サラッとしている。

あ:「う~ん、こっちかな~」

き:「ふ~ん。
   こっち(左)は、焚き火の煙にあてて、
   こっち(右)は、こうやって、ぐるっと回ったんだよ~」


ニコニコしながら、雨に濡れた木の幹をつかんで、ぐるっと一回転。


近くにいた子にも、手を触ってもらって、意見を聞いて回る。
好みはそれぞれだったけど、みんな右手と左手の感触の違いがわかってるんだなぁ。


この微細な違いを発見して、おもしろいと思う感覚が、
日常のささいなことをおもしろがって、
毎日を自分で楽しくする力につながっていくと思うのだ。

DSCN9523

DSCN9522

DSCN9518

DSCN9526