「ねぇ、ここ、触ってみて」

こう君がおススメの、お団子つくりコーナーの土を触らせてくれる。

「ね、モホモホっとするでしょ?
ここはね、モブモブだよ~。」

隣でお料理をしていたあっちゃんも一緒に、触り比べをしてみると、
確かに、指の入る深さ(柔らかさ)や手触りがなんか違う。

この触感は、新しい擬態語じゃないと表現できないよな~と思う。
この微妙な違いを、違うものとして認識しているのが、すごい。


「お団子の作り方も教えてあげるね。
こうやってね、材料を取ったら、まずつぶすんだ。」

まとめるために、まず破壊から始まるなんて、新鮮!


「10回つぶしたらね、10回丸くするんだよ。」 

ただ丸くするのではなく、つぶすことで、こねるみたいな動作になるのか、
こうくんの手からは、つるんつるんのお団子が出てきた。


「私のはね、帽子お団子なんだよ。」

団子を少し平べったくしたものに、左右にはみ出る葉っぱとお花。

「これが、この部分?」と製作者のあっちゃんの帽子のつばを触ると、にっこり。

「どっちが前でもいいんだよ、でもお花が見えて、かわいいでしょう?」

左右にはみ出ていたのは、どちらもキャップのつばになるということなのだった。


あたたかくなって、小さな野の花たちが咲き始めたら、
みんなのつくるものが一気に華やかに。
たくさん手を動かして、たくさんのアイディアを形にしてね。

DSCN9654

DSCN9655

DSCN9650

DSCN9657