★近日のイベントスケジュール

・11月9日(土)9時~13時 子どもコーナーで出店
  島の食卓~淡路島オーガニックマーケット~

・11月11日(月)10時~12時30分頃
  森のおさんぽ会 はなまる

・11月23日(土・祝)10時~12時30分頃
  森のおさんぽ会 はなまる

・12月9日(月) 10時~12時30分ごろ
  森のおさんぽ会 はなまる

・12月15日(日) 9時~13時 子どもコーナーで出店
  島の食卓~淡路島オーガニックマーケット~ @菜音キャンプ

・12月21日(土)9時30分~11時30分
  しめ縄づくり

・12月21日(土)「ホピの予言」上映会&お話会
  13時30分~ 「ホピの予言」
  14時50分~「浄化の時代を迎えて」

  15時30分~16時30分 「ホピ ~大地を世話する者~」
    辰巳玲子さんのお話とわかちあいの時間

191008  やな氣もち

「○○ちゃん、大っ嫌い。
絶対、一緒に遊んであげないもんね~」

「△△ちゃんなら、いいけど、○○ちゃんはだめだもんね~」

4人で平和にお家こっごしていたのに、どうやら、2人対中立の1人対1人に。

中立の子が、「○○お姉ちゃん、お野菜買ってきて」と、
仲間に入れようとしていても、入りずらそうな○○ちゃん。

そりやそうだよね。


大きな声でしゃべる2人に、

「ねぇ、大嫌いとか、一緒に遊ばないとか、
○○ちゃんに聞こえているのわかってて言ってる?」
と、聞いてみる。

「○○ちゃんは、その言葉を聞いて、どんな氣持ちがしてると思う?」

2人は顔を見合わせながら、しばしの沈黙・・・。

しばらくして、1人が、
「やな氣もち・・・。」
と小声で、答える。


「そうか、やな氣もちがしているってわかってて、言ってるんだね」

わかってて言っているだろうことは、容易に察しがついていてので、
素直な氣もちを言ってくれたことがうれしい。

でも、敢えて
「それで、それを言っているとき、あなたたちはどんな氣もちなの?」
と問いかけてみる。

また、顔を見合せたまま、しばしの沈黙。


「・・・○○ちゃん、かわいそうって氣もち・・・。」

またまた小声ながらも、この回答があってちょっとホッとする。
ヤなことを言う側にも、かわいそうという氣もちが少しでもあるんだ。


「かわいそうって思っていても、言っちゃうんだね」と、
氣もちの確認をしてみる。


「やっぱり、○○ちゃんも遊んであげる」


最終的に、この答えを望んでいた保育者としての思惑も否定できない。

でも、いろんな氣持ちがそこにあったと認めること、
相手が悲しく思うことをしているということを自覚することも、
大事にできる場でありたいと思う。

仲間はずれする側、される側、どっちの氣もちもわかる。
私の波立つ氣持ちも、ざらっとした記憶がよみがえる氣持ち悪さも、
まんまるっ子達と一緒に味わい尽くしたい。

DSCN8044

DSCN8045

DSCN8052



______________________________

★近日のイベントスケジュール


・10月19日(土)10時~15時
  スエットロッジ
・10月19日(土)10月19日(土)18時開場&夕食~20時
  7Generations walk 2019 淡路島交流会

・10月28日(月)10時~12時30分頃
  森のおさんぽ会 はなまる
  

191003  困りごと

「何か、お困りのことがありましたら、お知らせください!」

「僕たち、レスキューですから!!」

腰にロープ、手には様々な道具に見立てた枝。

ふっくんとま~くんが、森中をパトロールしながら、他の遊びをしている仲間に声をかけていく。


あまり需要がない(!)ようなので、
「困ったことって、例えばどんなことですか?」と聞いてみると、

「え~っと、登れないとか、降りられないとか」
「なんか、出られないとか、火事とか、怖いとかです!」


実在の困りごとが、今はなさそうだと氣が付いた2人は、この後は、
架空の火事や透明人間のレスキューに精を出していました。


「火事」と、「怖い」って思うことが、同列の困りごとだというのがおもしろいなぁ。

DSCN8004

DSCN8009

DSCN8032

DSCN8036





________________________________


★近日のイベントスケジュール


・10月5日(土)午前の部 14時30分~、 夜の部 18時30分~
  ドキュメンタリー映画 「ホピの予言」 上映会

・10月19日(土)10時~15時
  スエットロッジ
・10月19日(土)10月19日(土)18時開場&夕食~20時
  7Generations walk 2019 淡路島交流会

・10月28日(月)10時~12時30分頃
  森のおさんぽ会 はなまる
  

191002  スイートホーム

「これね、カエルのお家なんだよ」

「ここに、このキラキラ(落ちていたタマムシの羽)ね。
こっち、この土でふわふわにする~」

一部が割れてお皿みたいになっている竹に、落ち葉や枝で、
素敵な家をつくる、こっくん。

さっきまで探していたと思うけど、実は肝心な住人はいない・・・。


しばらくしたら、今度は、別の場所で、
「幼虫、いた~!!」

秋になってなかなか見なくなっていた、きれいな緑色の幼虫。

見つけた子と捕まえた子が異なると、大げんかになることもあるのに、
なぜか今回は、すっと最年少のこっくんの手の中に納まったみたい。

「お家、こっちにつくろう!」

さっきのカエルの家にいれようとしたこっくんに、ふっくんが声をかける。


平らにならした土の上に、幼虫を置き、ふんわりと落ち葉で包むようにベットをつくる。
木の枝で、囲いもつくってあげる。

「木の汁、食べるかな~」と、枝ですくいとった樹液も差し入れ。


「やっぱり、タオルで作ってあげる?」と荷物置き場に駆け出す2人。

なぬ~?と思っていたら、予定を変更したらしく、
今度はターザンのスタート台の階段に引越しをして、家を作り続ける・・・


捕まえた生き物のために、お家を作ってあげるのは何度も見ているけれど、
素材といい、形といい、アイディアは本当に無限大。
1つとして同じもののない、スイートホーム。
でも”この子に心地よくいてほしい”って思いは同じなのが、あたたかい。

DSCN7987

DSCN7990

DSCN7986

________________________________


★近日のイベントスケジュール


・10月5日(土)午前の部 14時30分~、 夜の部 18時30分~
  ドキュメンタリー映画 「ホピの予言」 上映会

・10月19日(土)10時~15時
  スエットロッジ
・10月19日(土)10月19日(土)18時開場&夕食~20時
  7Generations walk 2019 淡路島交流会

・10月28日(月)10時~12時30分頃
  森のおさんぽ会 はなまる
  

191001  見せて

「できるようになったん?」

この蔓に、あっちゃんが一番に飛びつく姿は珍しいな~と思っていたら、
すかさず、ひ~ちゃんが聞く。

「うん、できるようになってん」

ぶらさがる準備のために登らなくてはいけないので、両手に力をこめながら、
でも、うれしそうに答えるあっちゃん。


「そうなん!?
見せて見せて!」

できるようになったことを疑う上から目線でもなく、嫉妬でもなく、
変にほめるでもなく、ただ見せてほしいから、お願いするひ~ちゃん。


注目されると、いつものようにできなくなるのは、大人でも経験のあること。

あ:「う~ん、できへんな~」
ひ:「裸足がいいんちゃう?私は靴でも登れるようになったけどな。
   あ、でも私も一緒に裸足になっとくわ」

ひ~ちゃんの裸足の応援(?)の甲斐あって、
何度目かの挑戦で、なんとか登ってぶらさがれたあ~ちゃん。

ひ:「できたな」
あ:「やろ?」

仲間の挑戦を、仲間の成長を一緒に喜べる関係性がうれしいなぁ。

DSCN7975

DSCN7972

DSCN7974


______________________________________________ 

★近日のイベントスケジュール


・10月5日(土)午前の部 14時30分~、 夜の部 18時30分~
  ドキュメンタリー映画 「ホピの予言」 上映会

・10月19日(土)10時~15時
  スエットロッジ
・10月19日(土)10月19日(土)18時開場&夕食~20時
  7Generations walk 2019 淡路島交流会

・10月28日(月)10時~12時30分頃
  森のおさんぽ会 はなまる
  

◆ 10月19日(土) 7Generations walk 2019 淡路島交流会◆

ネイティブアメリカンの教えの1つに、
「癒しとは、つながりを取り戻すこと」というのがあります。
テレビやネットなど、顔の見ずにやりとりする情報に疲れてしまっている現代において、
膝をつきあわせ、輪をつくり、顔を見て温もりを感じながら、
智慧をわかちあう場をもつことの大切さを感じています。

いつも淡路島でのスエットロッジやお話会をリードしていただいている、
山田圓尚さんが、10周年を迎える7ジェネレーションズウォーク(以下7G)を、
9月29日の新月に、福島よりスタートしました。

7g


今回はその祈りの道の途中で、仲間たちとともに、淡路島でお話会をしてくれます。
先月のミノー・バンクス氏の言葉の中で、「祈りと願い(願望)の違いは何んですか?」という、
参加者からの問いに、「行動を伴うのが祈りです」との答えがとても印象に残っています。

今回来島してくれる7Gの仲間たちは、ネイティブアメリカンの最大の儀式であるサンダンスを
複数回経験され、日々の暮らしに祈りを実践されている方々。
そのサンダンサーたちが、一番身近な「歩く」という行動がベースの7Gに長年参加し続ける中で
感じたことに、じっくり耳を傾けてみたいと思います。


日中は浄化と再生の儀式、スエットロッジもリードしていただきます。
スエットロッジの詳細については、以下のページをご参照ください。
https://www.facebook.com/events/327363724878844/

10周年チラシ


◆7Generations walk 2019◆
  命の事実に目覚めよう 
 Wake up to the fact of life  淡路島交流会


とき  2019年10月19日(金)18時~開場&夕食~20時
ところ 梅木屋  (洲本市五色町都志226) ※五色バスセンター下車すぐ
参加費 大人1,200円(経費、ご飯代)+ドネーション
    18歳以下 200円(ご飯代)+ドネーション
      ※ご夫婦でのご参加は、お二人で2000円!

持ち物 マイ食器、飲み物
    おかず(無理のない範囲で持ち寄って、みんなで分かち合いましょう。
        ご飯はこちらで用意します)
     ※車ですぐのところに温泉(ゆ~ゆ~ファイブ)がありますので、お風呂セット持参で
      交流会の前後にお楽しみいただくのもおすすめです

予約/問合せ  awaji.sweatlodge@@gmail.com ※@を1つ消して送信してください
                       ※件名を「10月19日交流会」としてください

主催     淡路島スエットロッジコミッティ https://awajisweatlodge.1net.jp/
         フェイスブックページ
           淡路島スエットロッジで大地とつながる 
              https://www.facebook.com/awajishimasweatlodge
開催場所
淡路島の真ん中にある里山プレーパーク淡路島マンモスで開催しています。
詳しくは下記リンクからご覧下さい。
淡路島マンモス
Googleマップ
ギャラリー
  • 191119  涙のわけ
  • 191119  涙のわけ
  • 191119  涙のわけ
  • 191119  涙のわけ
  • 191114  スクラップ
  • 191114  スクラップ
  • 191114  スクラップ
  • 191114  スクラップ
  • 191113  ふわふわの色