現在、保育定員がいっぱいのため、1日参加、親子参加は受付けておりません。
ご不明な点は、awaji.manmaru@@gmail.com (@を1つ消してください)まで、お問合せください。

200929  大事にしたい

「いやだ!行きたくない!」

遊び場を移動する案が出て、みんなの合意も取れたと思い、
リュックをしょって準備をしていたら、1人だけ行きたくないということが判明した。


先を急ごうとする子達に、
「いきたくない子がいるんだ。
みんなの行きたい氣持ちも大事にしたいけど、行きたくないって氣持ちも聞きたいから、
ちょっと話をしよう。」と引き留める。


最初は、行きたくないと言っていた子も、数人いた。
でも、行きたい子達がどうしていきたいか、行った先ではどんなことができるかを
力説しているうちに、
「やっぱり行く」と言う子が増えていった。


もう、リュックをしょって、行く氣まんまんの子ども達がじれったそうに、
「行こうよ!なんで行きたくないんだよ!」と詰め寄る。

「そんな風に怖い声で言ったら、氣持ちをいいたくなくなっちゃうんじゃない?」と言ってみる。


「行く!行く!行く!」と「行かない!行かない!行かない!」のぶつかり合いにもなった。

「やりたいことが、下(行った先)でしかできないことなのか、
行きたくない子のやりたいことが、上(今いるところ)でしかできないことなのか、
考えてみたらどう?」と、提案してみる。


「イノシシパウダー(と名付けた、下の特定の場所の土)が欲しいの!」
「下の池で、タガメが見つけたいの!!!」
「イノシシパウダーは、下にしかないんだよ!」


「空港ごっこがやりたいの。下には行きたくない!」

「下でも空港ごっこはできるんじゃない?
行ってみてもいないのに、わからないんじゃない?」

「いやだ!行きたくない」

「ロープを全部つなげて、みんなで飛行機になって、下に行くのは?」

「久しぶりだから、下に行きたいんだよ。
部屋の中だけじゃ、遊びがつまらないみたいに、上の森だけじゃ遊びがつまらないだろ!」

「じゃあ、お昼まで上で遊んで、お弁当食べたら下に行くのは?」

「下で遊んで、お昼だけ上に来るのは?」


「もう!遊びたいだけなんだよ!話してるのやだよ!」

「ジャンケンにしたら?」

「もう、みんなは下に行きたいんだから、人数が多い方にしようよ!」


たくさんの意見が出た。
たくさんの折衷案が出たり、無理やり押し通そうとしたり、
あの手この手で説得しようとしたり、たくさんたくさん考えた。


最終的には、話疲れて休憩しようということになり、
休憩なら下でしてもいいということで話がまとまり、下に移動した。


数が多いことや、声の大きさ(私自身が声が大きい方だから、特に氣になる)や、
力の強さで結論がでなかったことに安堵したけれど、なんだか最後はうやむやになってしまった。


下に移動した後、最後まで行きたくないと言い張っていた子が、
私に泣きついてきた。

「やっぱり、やだった、下。
下に行ってみて、つまらなかったら上に戻ろうって言ったじゃん。
もう戻りたい・・・。」と。


「そうかぁ、つまらなかったか。
もう少し、楽しくできないか、考えてみない?」と言うしかできなかった。

しばらくすると、他の子が様子を見にきたりして、
楽しくなり、遊びがゆっくりと展開していった。


多数決ではなく、たくさんの話ができたのは収穫だったけれど、
改めて、ひとりひとりの氣持ちを尊重することの難しさもじっくり味わったひととき。
保育後のスタッフミーティングでも、いろんな感想が出た。
子ども達は、それぞれどんな風に心が揺れたのかなぁ。


DSCN9950

DSCN9952

DSCN9956

DSCN9964

DSCN9962





200926  苦い思い

「おにごっこしよ~」

ふっくんの声に、「い~よ~」と集まってくる子達。

そして、「え”~、かくれんぼがいい」と言う子達。


しばらく話し合っていたら、

「じゃあ、おにごっことかくれんぼの混ざったのにしたらいいやん!」と妙案が。

「かくれてて、見つかったら逃げて、タッチされたら、固まるの!」

なんと、おにごっことかくれんぼと氷鬼までミックスされている・・・。


「いいねぇ!」とひっくん。

始まるのかと思ったら、

「え~、やっぱり普通のかくれんぼがいいから、やめる」

4人も抜けてしまって、残った人数の方が少なくなってしまった・・・。


ちょっと意気消沈したように見えたけれど、氣を取り直して、3人でおにごっこがはじまった。


ふっくんが、あっくんを追いかけていたら、あっくんが転んだ。

すかさずタッチしたふっくんに、

「転んだ時には、タイムやろ!(タッチは)なしやろ!!」とあっくん。

「じゃあ、転んだ時にすぐタイムって言えばよかっただろ!」とふっくん。


「もう、やらん!」

ぷりぷり怒って、あっくんも抜けてしまい、おにごっこはなんとなく終わりに。


妙案を見つけて賛同を得たと思ったら、違う意見の子達がいて、
それでもやろうと思ったら、またぶつかって・・・。
たくさんの苦い思いが、うずまいていた。

楽しくなくなってしまって、ふくれっつらで、もたれかかるふっくんを、
木がやさしく受け止めていた。

DSCN9927

DSCN9940

DSCN9942

DSCN9932




200924  唐揚げ美容院

「はい、こちらにお座りください」

お母さん役のは~ちゃんに、唐揚げの材料になる、
手ごろな石探しを頼まれて、戻ってきたら、なぜか我が家は美容院になっていた。


「素敵な髪形にできますよ」

「この魔法の粉で、何でも望みがかないますよ」と、店主のは~ちゃんが言うので、

「じゃ、空を飛べるようにしてください」とお願いしたら・・・


は:「それはできません」

あ:「えぇっ、さっき何でも叶うって言ったじゃないですか!」

は:「だって、空を飛んだら、この美容院がぶっこわれてしまうじゃないですか!
   だから、飛ぶのはダメなんです。」

なんて、現実的なストーリー!


は:「魔法の粉は、洋服の色を変えることもできるんですよ。
   ほら、ここはエメラルドグリーンに、ここは、水色になってきたでしょ。」


あじめの緑の長袖の部分に、白い砂をかけ、すり込んでいる!!
紺色の半袖部分にも、すり込むと、なるほどどちらも白っぽくなってきてる。


「お母さん、私も手伝うわ」

子だくさんの美容院では、働き手がたくさんいるらしい。


「こちら、三つ編みにしますね」と、子ども役のひ~ちゃんが髪を結い始めると、

「唐揚げも食べられますよ」と、膝の上には、お皿に乗った熱々の唐揚げ(石!!)。


「え~、美容院で唐揚げを食べたのは初めてです!」と言うと、

「そうなんです、うちは、特別なんです★」と店主はにっこり。


どんどんと展開する遊びは、たった一度きりのことが多い。
本当に、毎瞬が特別だな~と思う。

DSCN9906

DSCN9910

DSCN9919

DSCN9916




200923  しゅたたたた

「じゃ、こっからは海ってことね。」

「うわ~、水に落ちる~。」

まんまるっ子達が大好きな、”危険の迫る状況”でのごっこ遊び。


「あ”~、落っこちた~」

足を滑らせて、海(と設定された斜面)に転がる、あっくん。

「えぇっ、あっくん、泳げるの!?」

「いや、泳げへん!!」

「でも、シュノーケルあるから大丈夫や、ほら(と言って投げる真似)」

「僕は、フィンがあるから大丈夫や」と、泳ぎ回るふっくん。


わざと斜面を滑って海にダイブしたり、
泳ぎつかれた子達は、木の根につかまり、斜面をよじ登ってくる。


すると、
「わ~、サメだ~」

歯をむき出しにして、サメの顔をした、あ~くんが下から登ってきた!

「ぎゃ~、にげろ~。」


さっきの倍くらいのスピードで、斜面をよじ登る子、
こちらもびっくりするスピードで、斜面を横移動する子。

四つ足をフルに使って動く様は、まさに獣。

6歳のしなやかな身のこなしに、遅れまいと必死でついていく3歳、4歳。
こうやって、群れの中で鍛えられていくんだな~。


今日は、昨年親子で遊びに来てくださった、岐阜県高山市の井関農園さんから、
無農薬のおいしいトマトがどっさり届いたので、みんなのお土産に。
ごちそうさまでした、どうもありがとう!
また遊びに来てね~。

DSCN9898

DSCN9893

DSCN9900

DSCN9902





【小中学生対象企画】森の恵みを楽しむデイキャンプ Vol.1~ハロウィンランチ編~

まだまだセミが鳴くこともあるけれど、心地よい風が森を吹き抜けています。
森のようちえん まんまるが現在活動させていただいている森には、
いろんな種類のドングリも落ち始め、秋の彩り豊かになってきました。

秋~初冬の森で、焚き火でお昼ご飯をつくりつつ、
森の恵みを楽しみながら、思い切り遊ぶ小中学生対象のデイキャンプを開催します。
森のようちえん まんまるのスタッフが、安心安全な場づくりのお手伝い。

第一回の10月4日(日)は、ちょっと早い森のハロウィンランチです。

定員を設けていますので、お早めにお申込みください。

また、森のようちえん まんまる の活動が持続可能であるよう、食材費の他に、
活動応援ドネーション(寄付)にご協力いただけたら、ありがたいです。
皆さんが還元してくださったドネーションは、感謝とともに、私たちの今後の活動資金
(スタッフ人件費、スタッフ研修費、フィールド整備費、備品費など)に使わせていただき、
幅広い年代の子ども、大人の自然体験イベント開催などへ循環させて参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。



「森の恵みを楽しむデイキャンプ Vol.1 ~ハロウィンランチ編~」

主催    森のようちえん まんまる
とき    2020年10月4日(日) 10時~15時
参加対象  7歳~15歳(小中学生の年齢)
ところ   淡路島マンモス(淡路市木曽下1267)

参加費   食材費500円/人+森のようちえんまんまる活動応援ドネーション
      ※名前を書いた封筒にいれて、当日ご持参ください

内容    野外調理(ご飯と野菜たっぷり味噌汁)
      森遊び(木登り、ままごと、秘密基地づくり、森探検、おにごっこ 
          クラフト、かくれんぼ  などなど、みんなのやりたいこと!)

服装    長袖、長ズボン、帽子、歩きなれた運動靴

持ち物   マイ食器(ご飯用と味噌汁用の器、箸)、水筒(水かお茶)
      着替え一式(記名をお願いします)、タオル、ビニール袋

      ※おもちゃ、ゲーム、携帯電話等は、持ってこないでください

お申込み、お問合せ
      awaji.manmaru@@gmail.com ※@を1つとって、以下の内容を送信してください
       件名「10月4日 森の恵みを楽しむデイキャンプ」

        ①参加者氏名(ふりがな)
        ②参加者性別と年齢
        ③保護者氏名
        ④当日つながる携帯電話番号(緊急連絡先)
        ⑤食物アレルギーの有無など、スタッフに知っておいて欲しいこと

DSCN9713

DSCN9694

DSCN9675トリミング




開催場所
淡路島の真ん中にある里山プレーパーク淡路島マンモスで開催しています。
詳しくは下記リンクからご覧下さい。
淡路島マンモス
Googleマップ
ギャラリー
  • 201021  手放す
  • 201021  手放す
  • 201021  手放す
  • 201021  手放す
  • 201020  がんばれ手足
  • 201020  がんばれ手足
  • 201020  がんばれ手足
  • 201020  がんばれ手足
  • 兵庫県自然保育連盟 設立報告会を実施しました