現在、保育定員がいっぱいのため、1日参加、親子参加は受付けておりません。
ご不明な点は、awaji.manmaru@@gmail.com (@を1つ消してください)まで、お問合せください。

【参加者募集中】
★毎月第2、第4水曜日 ホウカゴアート・どんぐり(年長~小学校6年生対象)
★2021年1月15日 森のおさんぽ会 はなまる (0歳~の幼児と保護者対象)
★2月8日 森のおさんぽ会 はなまる (0歳~の幼児と保護者対象)

森のおさんぽ会 はなまる 2021年1月、2月開催日

まだ”森のようちえん まんまる”の保育対象年齢に満たない小さいお子さんも
保護者の方と一緒に参加できる、「森のおさんぽ会 はなまる」を開催しています。
最年少参加記録は2か月!←2020年10月に更新されました~!
抱っこ、おんぶでの参加も大歓迎です。

寒い冬、木々の葉が落ちたからこそ、野鳥の姿が見やすくなったり、
落ち葉の絨毯が楽しい冬の森のおさんぽ。
防寒対策をバッチリして、元気に出かけましょう。
手袋、ニット帽、ネックウォーマーもおすすめ。

お昼は焚き火を囲んでいただきましょう。



■ 森のおさんぽ会 はなまる ■  
子どもの発見に寄り添いながら、森をゆっくりおさんぽします。
のんびり一歩一歩、「今、ここ」にながれる時間を丁寧に過ごしてみませんか?
野外経験が少なくても、保護者の方がちょいと虫が苦手でも、
森の案内人(森のようちえん まんまる保育者 あじめ)がご一緒するので、安心です。
お弁当の後は、絵本の読み聞かせをしています。

◆2021年1月、2月の開催日 
      2021年 1月15日(金)
          2月 8日(月)

●参加対象 : 0歳~の幼児と保護者            
     ※小学生の参加はご相談ください
●集合 : 10時 @淡路島マンモス駐車場
●解散 : 12時30分ごろ(昼食&絵本の読み聞かせの終わった頃)
●服装 : 長袖、長ズボン、帽子
●持ち物  : お弁当、水筒、タオル、敷物、着替え(必要な方)、
        防寒着 (手袋、ネックウォーマーもあるとよいです)      

●参加費 : 親子1組1,200円       
        ※大人、2歳以上の子どもが1人増える         
         ごとに300円増し       
        ※抱っこ、おんぶでの参加も歓迎します       
        ※大人のみの参加は、500円/人

●お問合せ・ご予約 :awaji.manmaru@@gmail.com            
     @を1つ消して送信してください    
  
①代表者氏名      ②参加されるお子様の年齢      
③当日つながる携帯電話番号  ④参加希望日      をお知らせください


201217  お手本だらけ

「う~ん、なんか切りにくいな~。
 こっちでやるわ。」

ノコギリの台にする丸太との相性が合わず、体勢が整わないあっくん。

手の置きどころ、体の向き、そして丸太を代えてみたりしながらノコギリを使う。


傍らで、じっと見るあ=くんの、ケーキを作る手は止まっている。

さっきまで混ぜていたお鍋の中身が固まりかけていても、ノコギリから目が離せない。


ノコギリを使い終わって、あっくんが片付けるのを見届けると、
しばらくして、あ=くんもノコギリを取りに行った。


「これ、切る。」


青竹を切ると、緑の切粉が出た。

「わ、緑だね~。」

力が弱いので、切るというより、なでている感じだけれど、とってもうれしそう。


周りのおしゃべりに、つい氣を取られちゃうので、
手元から目を離すことが多くて、見ている方がドキドキだけど、
休み休みながらも、ノコギリを使う手は止めない。


「ひっちゃんが、切ったろか?」

なかなか切れないのを見かねて、ひっちゃんが声をかける。

ぎゅんぎゅん切ってくれるけれど、しばらくすると

「は~、もう手、痛いわ~。」

すると、「じゃ、俺が切ったろか?」と、りっくんが声をかけてくれる。


こちらも、しばらくしたら、鬼ごっこのお誘いがかかってしまった。


「やっぱ、鬼ごっこしてくるわ。」


ノコギリを手渡されたあ=くんは、またゆっくりゆっくり切り始める。


ノコギリが滑ってしまって、切りたい場所じゃないところを切る度に、

「あ、違っちゃった~。」と言いながら、なんとも楽しそう。


お手本がたくさんいてくれるから、
小さな子達もだんだんと刃物が使えるようになるんです。

DSCN1092


DSCN1083

DSCN1072


DSCN1078










201216  遊びの種

「じゃ、潜るからな。」

大きく息を吸って、止めて・・・

落ち葉の山(海?)に潜る、あっくん。


何をしているのかと思ったら、落ち葉に埋もれてしまった、
こ~くんの剣を探しているらしい。


しばらく泳いで(手足をバタバタさせて!)、
「ぷっはぁ、なかったわ。」

「じゃ、今度は俺が行ってくる!」
今度は、こ~くんが毛糸の帽子を顔面に野球の審判のマスクみたいにかぶって、潜る。


何度か順番に潜っていたら、ついに見つけた!


「今度は、もぐらごっこしようぜ。」

見つけた剣で遊ぶのかと思ったら、助走をつけて、落ち葉の山に潜る遊びが始まった。


潜ったら、泳いで(モグラなのに!!)、より深く潜ろうとする。


「何してるの?」と集まった子達には、

「モグラごっこ!」と答えたのに、落ち葉の上で泳ぐ様子を見たひっちゃんは、


「水族館ごっこしよう!」 だって。


遊びの種(発想)は、みんなそれぞれで、どこにでも転がっているんだなぁ。

今日も、寒い寒い、風がびゅーびゅーの1日でした★

DSCN1045

DSCN1038

DSCN1054

DSCN1042




201215  ただ、走る

急にぐぐっと寒くなったから、朝からみんな「寒い寒い」が合言葉。

「もう!寒いから、走ろう!」

こ~くんの提案に、

「私も!」と、ひ~ちゃん。


森の外周(?)を走り出す。

おにごっこでも、並んで走るわけでも、競い合うわけでもない。

ただ、ただ、走る。


「何してんの~?僕もいれて~。」

と、やってきたふっくんには、

もちろん「走ってんの!」との回答。

そして、「競争ではないねんで。」


でも、ふっくんも仲間に入り、走り始める。

ただ走っているだけなのに、なんだか笑っちゃうから不思議。



ピンチの時に、楽しく解決する力がついていきますように。

DSCN1023

DSCN1021

DSCN1032





201210  言葉にならない

「い~な~、それ、僕もやりたい」

ロープを襷とベルトのようにつけて遊ぶ仲間を見て、ふっくんがロープを探す。

「ロープ貸してくれない?」

他の遊びに使っていた、ひっちゃんとひ~ちゃんに聞いてみるけど、
首を振る2人。


でも、
「あそこに、赤いロープが落ちているよ。」
と、ひ~ちゃんが指を差して教えてくれた。


と、ひ~ちゃんが、言い終わるか終わらないかのタイミングで、
ロープにダッシュで駆け寄る、き~くんとふっくん。


タッチの差でき~くんが先に掴んだけれど、もう一方の端をふっくんがつかむ。


当然、引っ張り合いになる。


どちらも力が強いので、勝負にならない。


だから、相手の胸をドンと押す、パンチが出る、キックが繰り出される。

何発か体に命中するから、そりゃやり返さずにはいられない。


いつでも止められるようにと近寄ったとたん、き~くんがこっちをちらりと見る。

でも、相手の攻撃がやむわけではないので、掴んだ手の力を緩めるわけはない。


さらにヒートアップしそうになったところで、
「ちょっと、手じゃなくて、口で話したい。」と介入すると、ふっくんが泣き出した。


「最初にひ~ちゃんが、僕に(ロープの場所を)教えてくれたのに、
き~くんが横取りしたから、いやだったんだ」
泣きながら、自分の氣持ちをなんとか説明する、ふっくん。


「僕が先に見つけたんだ。なのに、ふっくんも取ったからいやだったんだ」
と、き~くん。


お互いの氣持ちを交通整理し、お互いに相手のいやだったことを確認する。


「こんな風に、口で言えなかったから、手や足で話をしたんだよね?
でも、2人の力が強いのは知っているから、
このままだとどちらかが怪我をするなと思って止めたんだ。
口でお話できないかな。どうしたらいいかな。」
と、こちらの氣持ちも話す。


無言のまま、にらみ合う2人。


すると、事の一部始終を傍らで見ていたひっちゃんが、
「じゃあ、私のロープ、貸してあげよっか?」
と、申し出た。


「でも、1本じゃ(自分のやりたかった使い方が)できない。」と言うので、
「2本使っている子達のロープより、どちらも長いから大丈夫だと思うよ。
 どんな風に結んでいるか、教えてもらって来たら?」と提案する。


「それなら、僕はひっちゃんの方を使うから、き~くんがこっち使っていいよ。」


「わかった。ありがと。」


2人は一緒にロープを片手に、結び方を教えてもらいに駆け出した。

ひっちゃんは、何事もなかったように、遊びに戻っていった。


言葉にならない思いがぶつかることもあれば、言葉が解決してくれることもある。
そんな、森でのひととき。

DSCN0988

DSCN0993

DSCN0997

DSCN0977

↑ 今日は、竹用ノコギリの刃を新しい刃と交換したので、切れ味が楽しくって、
いつも以上に竹を切りまくっていました~。






開催場所
淡路島の真ん中にある里山プレーパーク淡路島マンモスで開催しています。
詳しくは下記リンクからご覧下さい。
淡路島マンモス
Googleマップ
ギャラリー
  • ぽかぽか陽氣で はなまる
  • ぽかぽか陽氣で はなまる
  • ぽかぽか陽氣で はなまる
  • ぽかぽか陽氣で はなまる
  • ぽかぽか陽氣で はなまる
  • ぽかぽか陽氣で はなまる
  • 210114  大好きだよ
  • 210114  大好きだよ
  • 210114  大好きだよ