現在、保育定員がいっぱいのため、1日参加、親子参加は受付けておりません。
ご不明な点は、awaji.manmaru@@gmail.com (@を1つ消してください)まで、お問合せください。

開催しました!森の恵みを楽しむデイキャンプvol.1

たくさんの落ち葉とドングリが歓迎する森に、元気な小学生たちが集まってくれました。

DSCN0018


ノコギリやナイフを使って、箸や拾った宝物をいれる器をつくったり、
着火剤になる杉の葉っぱをたくさん拾ったのに、なかなか火熾しに苦戦したり・・・。

DSCN0020

「もう一度採ってくる!」と駆け出して行ったと思ったら、
「こんなに採れた~」と折れていた枝ごとズルズル引きずってくるうれしいサプライズも。

名前なし


ヘビが逃げて行ったという先にあった穴に、”特製ヘビヘビ棒”を入れて見て、
「この棒が動いたら、ヘビがいるってことや!!」と、息をひそめて見つめて見たり、
自分より何倍も大きな枝をみんなでひっぱったり、転がしたりて運んだのも面白かったな~。
運ぶのが楽しくて、何に使うわけでもなかったのだけれど・・・。
思いっきり力を入れて引っ張る、押す、持ち上げるって、
現代の日常生活では意外と少ない動きだからこそ、あんなに楽しかったのかもしれません。

DSCN0029

DSCN0017


紫芋と紫玉ねぎをたっぷり入れた、ハロウィン特製味噌汁は、
こんにゃくや油揚げまで紫に染まり、狙いどおり(!)の不気味さ・・・。
最初は用心して少ししかよそらなかった子もいたけれど、一口食べたら
「お、意外とおいしいな、これ」とお代わりしてくれて、うれしかったな。
「味噌ご飯もうまい!」と、まんまる特製手作り味噌の味も楽しんでくれました。

DSCN0040

DSCN0031


たくさん食べて元氣がさらにモリモリになったら、鬼ごっこで森中を走り回る!
上手に鬼から隠れて、ちゃっかり昼寝をする強者もいましたよ。
鬼から隠れながらも、葉っぱ集めを楽しみ、思い出したように様子を伺ったり、
自分の興味のある遊びがそこここで展開する様子が、面白かったです。
まんまるの卒園児が在園時より何倍も速く走る姿も、とってもカッコよかったな~。

DSCN0046


ロープをつなげて大繩をつくり、世界記録(!)にチャレンジしたり、
虫を捕まえたり、たくさんの種類のキノコも見つけました。
ターザンロープやぐるぐる回るブランコに酔って(!)フラフラにもなりました。

DSCN0048

初対面の子もたくさんいたのに、いつの間にか名前を呼び合い、笑い転げる姿が素敵でした。
次に転ぶために立ち上がる・・・という表現がしっくりくるくらい、
ずっこけながら遊ぶから、もう立ってるだけで笑いがこみあげてくるのです。

DSCN0050


思い切り体を動かして、たくさんのアイディアを出し合って、
いつも遊んでいる仲間ではないから、微妙に違うルールや掛け声を擦り合わせ、
たっぷり遊んだ仲間たち。
帰りの会の絵本の読み聞かせでは、ぐぐっと互いの距離が近づいていました。

次回は11月1日(日)です。
また遊びましょ★




【小中学生対象企画】森の恵みを楽しむデイキャンプVol.3 ~クリスマスランチ編~

秋分を過ぎ、森のようちえん まんまるが現在活動させていただいている森は、
日ごとに表情を変え、冬支度も少しずつ始まっています。

秋~初冬の森で、焚き火でお昼ご飯をつくりつつ、
森の恵みを楽しみながら、思い切り遊ぶ小中学生対象のデイキャンプを開催します。
森のようちえん まんまるのスタッフが、安心安全な場づくりをお手伝い。
文部化科学省の「子どもたちの心身の健全な発達のための子どもの自然体験活動推進事業」委託事業です。

第3回の12月6日(日)は、一足早い森のクリスマスランチの予定です。

定員を設けていますので、お早めにお申込みください。

また、森のようちえん まんまる の活動が持続可能であるよう、食材費の他に、
活動応援ドネーション(寄付)にご協力いただけたら、ありがたいです。
皆さんが還元してくださったドネーションは、感謝とともに、私たちの今後の活動資金
(スタッフ人件費、スタッフ研修費、フィールド整備費、備品費など)に使わせていただき、
幅広い年代の子ども、大人の自然体験イベント開催などへ循環させて参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。



「森の恵みを楽しむデイキャンプ Vol.3 ~クリスマスランチ編~」

主催    森のようちえん まんまる
とき    2020年12月6日(日) 10時~15時
参加対象  7歳~15歳(小中学生の年齢)
ところ   淡路島マンモス(淡路市木曽下1267)

参加費   食材費500円/人+森のようちえんまんまる活動応援ドネーション
      ※名前を書いた封筒にいれて、当日ご持参ください

内容    野外調理(ご飯と野菜たっぷり味噌汁)
      森遊び(木登り、ままごと、秘密基地づくり、森探検、おにごっこ 
          クラフト、かくれんぼ  などなど、みんなのやりたいこと!)

服装    長袖、長ズボン、帽子、歩きなれた運動靴

持ち物   マイ食器(ご飯用と味噌汁用の器、箸)、水筒(水かお茶)、防寒着
      着替え一式(記名をお願いします)、タオル、ビニール袋

      ※おもちゃ、ゲーム、携帯電話等は、持ってこないでください
      ※小雨決行(雨予報の時には、上下別れた雨具をご準備ください)

お申込み、お問合せ
      awaji.manmaru@@gmail.com ※@を1つとって、以下の内容を送信してください
                 
       件名「12月6日 森の恵みを楽しむデイキャンプ」

        ①参加者氏名(ふりがな)
        ②参加者性別と年齢
        ③保護者氏名
        ④当日つながる携帯電話番号(緊急連絡先)
        ⑤食物アレルギーの有無など、スタッフに知っておいて欲しいこと

DSCN9072

シーソー_ジャンプ


【小中学生対象企画】森の恵みを楽しむデイキャンプVol.2 ~秋のキノコランチ編~

秋分を過ぎ、森のようちえん まんまるが現在活動させていただいている森には、
サクラの落ち葉も積もりはじめ、秋の彩り豊かになってきました。

秋~初冬の森で、焚き火でお昼ご飯をつくりつつ、
森の恵みを楽しみながら、思い切り遊ぶ小中学生対象のデイキャンプを開催します。
森のようちえん まんまるのスタッフが、安心安全な場づくりをお手伝い。
文部化科学省の「子どもたちの心身の健全な発達のための子どもの自然体験活動推進事業」委託事業です。

第2回の11月1日(日)は、秋のキノコランチの予定です。

定員を設けていますので、お早めにお申込みください。

また、森のようちえん まんまる の活動が持続可能であるよう、食材費の他に、
活動応援ドネーション(寄付)にご協力いただけたら、ありがたいです。
皆さんが還元してくださったドネーションは、感謝とともに、私たちの今後の活動資金
(スタッフ人件費、スタッフ研修費、フィールド整備費、備品費など)に使わせていただき、
幅広い年代の子ども、大人の自然体験イベント開催などへ循環させて参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。



「森の恵みを楽しむデイキャンプ Vol.2 ~秋のキノコランチ編~」

主催    森のようちえん まんまる
とき    2020年11月1日(日) 10時~15時
参加対象  7歳~15歳(小中学生の年齢)
ところ   淡路島マンモス(淡路市木曽下1267)

参加費   食材費500円/人+森のようちえんまんまる活動応援ドネーション
      ※名前を書いた封筒にいれて、当日ご持参ください

内容    野外調理(ご飯と野菜たっぷり味噌汁)
      森遊び(木登り、ままごと、秘密基地づくり、森探検、おにごっこ 
          クラフト、かくれんぼ  などなど、みんなのやりたいこと!)

服装    長袖、長ズボン、帽子、歩きなれた運動靴

持ち物   マイ食器(ご飯用と味噌汁用の器、箸)、水筒(水かお茶)
      着替え一式(記名をお願いします)、タオル、ビニール袋

      ※おもちゃ、ゲーム、携帯電話等は、持ってこないでください
      ※小雨決行(雨予報の場合には、上下わかれた雨具をご準備ください)

お申込み、お問合せ
      awaji.manmaru@@gmail.com ※@を1つとって、以下の内容を送信してください
                 
       件名「11月1日 森の恵みを楽しむデイキャンプ」

        ①参加者氏名(ふりがな)
        ②参加者性別と年齢
        ③保護者氏名
        ④当日つながる携帯電話番号(緊急連絡先)
        ⑤食物アレルギーの有無など、スタッフに知っておいて欲しいこと

DSCN3153

DSCN3996








201001  新たな展開 

「ひゅ~ん、ががががが。」

大きな音を立てて、全速力でサンダーバード達が駆け回る。

最初は、レスキューごっこだったけど、しばらくすると、なぜかいたずら集団に。

保育者をくすぐりに行って、走って逃げたり・・・。


「あはは~、今度はこれもこわしちゃえ!」

勢い余って、こ~くんが作って売っていたお店の土団子もぐしゃぐしゃに・・・。


すると、

「えぇっ、それは悲しいんじゃないか?
こ~くん、大事につくっとったで。」

と言われ、ハッと我に返り、やりすぎたことに氣づく。

急いで崩れた団子を固めようとするけれど、一度壊れてしまった乾いた団子は、
なかなかまとまらない。

こわしてしまった1人が報告に行き、急いで自分のお店に戻ったこうくんは茫然。


「もう一度、つくろう!
材料は、イノシシパウダー(とみんなが呼んでいる、ある場所の土)と水やんな?」

こうくんの様子をみて、さらにまずいことをしてしまったとの認識を強めたみんなは、
ボールとお玉を片手に、土取場に走っていく。


四角、三角、丸の3種類のお団子を全部こわしてしまったので、全てを作り直し。

「意外と、三角って難しいな。」

「でしょ~?僕は、みんながつくったのをさらに進化させている!」


いや~な感じを解消しようと頑張っていたら、それ自体が楽しくなってきた。

「えっ、ウサギか、かわいいな。」

「あ、ピカチュウのつもりだったんだけどね、えへへ。」

何より、自分の作品をこわされてしまったことをいつまでも引きずることなく、
目の前で起こることを楽しんでいるこ~くんの態度が、新たな展開を産んだのかもな~。

DSCN9992

DSCN9997

DSCN0007

DSCN0011





200930  経験値

「なんかさ~、いいのないかな~。」

お菓子屋さんのこ~くんが、きょろきょろと何かを探す。

「あんこを中に入れたいんだよ。」


お店には、一口サイズのきれいなお団子が並んでいる。


「ここの土、いい感じのチョコレートにはなったで。」

ケーキ屋のあっちゃんが、黒っぽい土のありかを教えてくれる。

「でもさ~、土にしちゃうと、団子の中の水と交じって、
何度も開けてると、だんだん混ざってきちゃうんだよな~。」


どうやら、土ではない素材で、あんこをつくりたいらしい。


「あ、これがいいかな。」

こうくんの手には、小豆色の落ち葉。


こうやって、色々試してみながら、経験値が上がっていくんだな~。

あっちゃんのケーキ屋さんにも、様々な素材でデコレーションされたケーキが、
所狭しと並んでいました。

DSCN9988

DSCN9983

DSCN9984

DSCN9976




開催場所
淡路島の真ん中にある里山プレーパーク淡路島マンモスで開催しています。
詳しくは下記リンクからご覧下さい。
淡路島マンモス
Googleマップ
ギャラリー
  • 201021  手放す
  • 201021  手放す
  • 201021  手放す
  • 201021  手放す
  • 201020  がんばれ手足
  • 201020  がんばれ手足
  • 201020  がんばれ手足
  • 201020  がんばれ手足
  • 兵庫県自然保育連盟 設立報告会を実施しました