◎ 2019年度 夏休み ◎
  8月13日(火)~29日(木)  

★近日のイベントスケジュール
・6月22日(土)~8月3日(土)10時~18時
   ※日・月曜日定休 ※展示期間が1週間延長しました★
  佐藤明希(あじめ)写真展 ~私の出会った ギニア~@毎日食堂


・9月7日(土)17時~18時30分 
大地とつながるお話会

・9月8日(日)5時~10時頃 
  大地とつながるフィールドワーク@諭鶴羽山

・9月14日(土)10時~14時30分
  あつまる ひろがる まんまる祭 ~まんまる5周年ありがとう~

・9月20日(金)18時30分~20時
  Make a circle!特別編 「暮らしに祈りをどう活かすか 
  ~ネイティブアメリカン ミノー・バンクス氏、ファービー氏を囲む夕べ~

・9月21日(土)10時~15時
  スエットロッジ 

・10月5日(土)午前の部 14時30分~、 夜の部 18時30分~
  ドキュメンタリー映画 「ホピの予言」 上映会

・10月19日(土)10時~15時
  スエットロッジ
・10月19日(土)10月19日(土)18時開場&夕食~20時
  7Generations walk 2019 淡路島交流会
  ~ネイティブアメリカン マイケル・ショーティ氏を囲んで~

151103 おいしい楽しい自然の恵

斜面で盛り上がったドングリレース。

「この緑が早い!」

「いや、丸くってでっかいのが思いから早いんだよ」

「・・・・(無言で、転がさずに遠くまで投げて・・・)、あそこまでいった~!」

それぞれのこだわりと、それぞれの方法で楽しむドングリレース。



そして、みんながニコニコになったのは、
淡路島マンモスの里山番、等さんが、子どもたちが採れるようにと
木の低いところのだけ残してくれていた、柿。

目ざとく見つけた子どもたちは、じ~っくり、じ~っくり選んでいました。

初めて皮ごとかぶりつくことに興奮していたり、
種が次々出てくることに驚いたり、
ちょっと渋いところもあって、顔をしかめたり・・・。

PB031752

ドロンコ&草の流しそうめんごっこも、楽しんだ、11月のまんまるのはじまりでした。

PB031757

PB031763

151102 雨の日だって、はなまる

月2回の開催の、森のおさんぽ会 はなまる。
今まで、雨予報はあったけれど、本当に雨が降ったのは実は今日がはじめて!

雨の森の楽しさも味わってほしいなぁと思っていたので、ワクワク。

まずは、大きな水たまりでダ~ッシュ。
派手に水しぶきがあがり、あ~楽しい。

PB021744

森の中には、雨のしずくが作る、レース模様やクリスマスツリー、葉の先の滴がキラキラ。
細い木をゆすって、大雨注意報~って遊んだり、
草の滴を一気に振り落としたり・・・。

いろんな色のキノコも、雨の日は生き生きしている気がします。

PB021746

クモの巣も、滴で見えやすくなっているから、クモも見つけやすい!
クモの巣にひっかかって、空中で浮いているように見える葉っぱも楽しかったね。


PB021749

「行き止まりかな~。
ちょっとこわいな~。」と言いながらも、ずんずん先頭を行くこ~ちゃん。

雨を含んで、ぎゅっと押すと水のでてくるコケも見つけました。

ドングリたっぷりゾーンでは、次々にドングリを拾って、ポケットはパンパン!
いろんな色、模様、形のドングリがたくさん見つかって大興奮なおさんぽでした。


ご参加、ありがとうございました。


次回は、11月16日(月)です。

小雨決行です★

◆森のおさんぽ会 はなまる 12月の開催日◆

落ち葉のじゅうたんを踏みしめて、
12月は森の冬支度が見つけられるかな~。

「自然体験に、悪い天気はない。悪いのは装備だ。」とは、よく聞く話。

雨の日も、風の日も、寒い日も、
その日にしか出会えない宝物があるんです。

参加者の皆さんも、しっかり冬支度をしてご参加くださいね。

◆12月開催日◆
 12月7日(月)
    21日(月)

   


■森のおさんぽ会 はなまるin淡路島マンモス■

 子どもの発見に寄り添いながら、森をゆっくりおさんぽします。
抱っこ、おんぶでの参加も大歓迎。
のんびり一歩一歩、「今、ここ」にながれる時間を丁寧に過ごしてみませんか?
野外経験が少なくても、森の案内人がご一緒するので、安心です。

 お弁当の後は、絵本の読み聞かせをしています。

●参加対象 : 0歳~の幼児と保護者
           ※小学生の参加はご相談ください

●集合 : 10時 @淡路島マンモス駐車場
●解散 : 12時30分ごろ(昼食&絵本の読み聞かせの終わった頃)

●持ち物  : お弁当、水筒、タオル、帽子、着替え(必要な方)、防寒着
             ※サンダル不可、下は長ズボンが望ましい

●参加費 : 親子1組800円
             ※ご家族で、大人、2歳以上の子どもが1人増えるごとに200円増し
             ※抱っこ、おんぶでの参加も歓迎します
             ※大人のみの参加は、500円/人

●お問合せ・ご予約 :080-5616-7181(佐藤) 
                       ※火・水・木曜日は午後3時30分以降にお願いします
                             
   awaji.manmaru★gmail.com

                       ※★を@に代えて送信してください

151027 職人のこだわり

「う”わ”~」

朝の会の場所の椅子にしている丸太をひっくり返して、奇声があがる・・・。

小さな命が、もぞもぞもぞもぞ。
大きなミミズも、もぞもぞもぞもぞ。

PA271707

どろんこ遊び場では、ドロスケートと、おしりフリフリダンスが大盛り上がり。

水と泥の絶妙なバランスでできる、たぷたぷ加減、角度も大事。

島ができたり、しりもちをつく場所(!)を特にやわらかくしたり、
足がはまる洞窟をつくったり・・・。

全身を使って、こだわり&お気に入りの場所をつくっていく、集中力が素敵でした。

だいちゃん、また遊びにきてね~。

PA271717

子どもたちの後ろでは、ミルクさんが何やら大量の藁を運んでいました。
こちらもおもしろいことがはじまりそう~。
お楽しみに!!

151022 言葉のはじまり

「アギギギー」


「ア、アーギギ」



「アギギギーギギギー?」


なぜか、突然、知らない言葉で話し出したみんな。

どんな風にこのやりとりが始まったか、忘れてしまったけど、しばらく続く・・・


「アギー、アギーギギ!」


身振り手振り、イントネーション、表情を合わせてよく観察すると、

「この葉っぱと大きさを比べたい!」 であったり、

「これと交換しよう」 だったり、

「この葉っぱはここに飾ったらいいんじゃない?」 などと、
わかっちゃうから、おもしろい。




きっと、人間の言葉のはじまりも、こんな感じだったんじゃないかな~。

マンモスの森が、原始の森に見えてきたひとときでした。



開催場所
淡路島の真ん中にある里山プレーパーク淡路島マンモスで開催しています。
詳しくは下記リンクからご覧下さい。
淡路島マンモス
Googleマップ
ギャラリー
  • 190807  白い何か
  • 190807  白い何か
  • 190807  白い何か
  • 190807  白い何か
  • 190806  0番
  • 190806  0番
  • 190806  0番
  • 190806  0番
  • ◆10月5日(土) 「ホピの予言」 上映会◆